>>【永久保存版】CB18|スバル新型水平対向エンジン完全ガイド【現役社員が徹底解説】

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】
しー

ドクターデオ(浸透タイプ)って本当に効果あるの?

こういった疑問にお答えします。

この記事では、最近人気のスチームタイプ消臭剤「ドクターデオ 浸透タイプ」のレビューを書きます。

ドクターデオシリーズのスチームタイプの中で循環タイプがあります。
循環タイプはエアコン消臭をメインに使用される人には有効ですが、シートや内装といった布地などを消臭したい人には浸透タイプが超オススメ。

  • 嘔吐物を処理したあとのニオイ
  • ペットの唾液や排泄物のニオイ
  • シートやマットに染み込んだ汗や香水

こういった頑固なニオイが気になる人にドクターデオ(浸透タイプ)は有効です。

本記事のテーマ

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプのご紹介

メーカー名カーメイト
モデル名D236
内容量25ml
使用回数1回
成分安定化二酸化塩素
生石灰
蒸留水
販売価格(アマゾン)¥973(標準タイプ)

スチームに含まれる安定化二酸化塩素がシート・内装の内部までごっそり消臭
さらに菌・ウイルスも強力除去してくれます。

アマゾンでの販売価格は循環タイプに比べると少し上がりますが、ほぼ変わりません。

ドクターデオ 浸透タイプのポイント5選

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】ドクターデオ 浸透タイプのポイント5選

それでは、ドクターデオ 循環タイプのメリットとデメリットに関してはこちらの通り。

デメリット
  • ”二酸化塩素”ほどの殺菌力はない
  • 二酸化塩素は錆びる?
  • 施工時間が長い

メリット
  • 誰でもできる
  • シートなどの布地に有効

こんな感じ。
順番に解説します。

”二酸化塩素”ほどの殺菌力はない

ドクターデオには”安定化二酸化塩素”という成分が含まれていますよね。

同じような名称で二酸化塩素という成分がありますが、どんな成分なのでしょうか?

二酸化塩素は、ラジカルの1種であり、強い酸化力をもつことから、ウイルス除去、除菌、消臭、坑カビ等のはたらきを有することが知られています。これらの力を利用して、プールや浄水処理等の現場における消毒剤や、低濃度での空間除菌剤として使われています。通常の利用に加え、2001年に米国で発生した炭疽菌の芽胞が送りつけられるバイオテロの際には、建物の除染に用いられた実績があるなど、その能力は非常時にも高く評価されています。

出典:日本二酸化塩素工業会

この二酸化塩素を使用した商品として有名なのが、クレベリンやステア二酸化塩素スプレーなどですが、数年前から安定化二酸化塩素という成分を使用した除菌剤や消臭剤が出てきましたよね。

安定化二酸化塩素は商業上使われている名称で、一般的には二酸化塩素がつくられる亜塩素酸塩のことを総称しており、二酸化塩素とは別の物質です。

二酸化塩素はプールや浄水処理、NASAの宇宙食の滅菌や炭疽菌の殺菌などにも使用されていますが、安定化二酸化塩素(亜塩素酸塩など)を利用した製品は、発生する二酸化塩素の濃度が空気中の有機物量などの環境により異なり、安定した一定の効果を期待する事は困難だといわれています。

安定化二酸化塩素には純粋な二酸化塩素ほどの殺菌力や消臭力はありません。

しー

二酸化塩素ほどの殺菌能力はありませんが、車内の場合はそれほど広い空間ではないので安定化二酸化塩素でも十分な殺菌が行えます。

二酸化塩素は錆びる?

ステンレスには耐食性がありますが、磁石がくっつくようなステンレス、鉄、銅、アルミ等の金属に二酸化塩素を使用するとサビが発生します。

もちろん、二酸化塩素濃度や接触時間も関係してくるので一概に錆びるとは限りませんが、あくまで可能性としてはあります。

しー

車内の場合ですと、鉄、銅、アルミ等が剥き出しの部分は少ないのと長時間スチームを発生させるわけではないのでそこまで気にするほどでもないですが、神経質な人は使用を控えて下さい。

施工時間が長い

循環タイプは13分で施工できるのに対して、6時間かかってしまいます。
なので、しばらくクルマを使用しない時にしか施工できません。
シートや内装にじっくり浸透させる必要があるので仕方ないです。
時間に余裕がある時にやりましょう。

しー

寝る前に施工しておくのがオススメです。

誰でもできる

施工するのに必要なのはボタンプッシュだけ。
特別な工具や知識はいりません。

しー

エアコンの消臭と違ってシートや内装の消臭、除菌を目的としていますので、ボタンを押すだけ済みます。

シートなどの布地に有効

6時間かけてシートや内装にじっくり「安定化二酸化塩素」を浸透させて、強力な酸化力によって悪臭や菌に積極付着し、一般的な消臭成分よりも早く強力に消臭・除菌します。

しー
  • 循環タイプ→エアコン内部をメインに消臭したい
  • 浸透タイプ→シートや内装といった布地などを消臭したい

こういった感じで使い分けましょう。

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプを使ってみた

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプを使ってみた

今回は平成20年式、走行距離は約100,000km(エアコンフィルター交換歴なし)のラパンに使用していきます。

主な使用環境はこちらの通り。

  • 毎日子供2人の保育園の送迎に使用
  • 子供2人が乗ることが多いので、車内はかなり汚いですw
  • 芳香剤などは設置していない
  • エアコンフィルター交換は100,000km走行して一度も交換していない

車内の臭いは、さすがに子供2人が毎日乗っているので体臭が気になる感じです。

作業準備

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】作業準備

助手席の足元に置くだけです。
中央のミシン目に沿って、箱の上部をめくります。

作業手順

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】作業手順

中央にある「ココを強く押す」を押すとじばらくたってからスチームが出ます。
全席のドアと窓を閉め切ってから6時間以上放置するだけ。

めっちゃ簡単。
もちろんエンジンをかけておく必要もありません。

使ってみた感想

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】使ってみた感想

私の場合は、夜に使っておいて次の日に回収しました。

車内に乗って一番最初に思ったことは、
とにかく無臭

循環タイプの場合、作業直後は塩素系の薬品の臭いが気になりましたが、浸透タイプの場合だとそれが全くないです。
かなり時間をおいていますからね。

車内にこびりついた体臭が一晩でスッキリしました。

結論:体臭がかなり取れました。

【レビュー】ドクターデオ 浸透タイプ【結論:車内の消臭はコレ】結論:体臭がかなり取れました。

浸透タイプも循環タイプも入っている成分は同じです。
効果としては車内全体が無臭になったイメージです。

ただ、エアコンからの吹き出し口から出てくる風に関しては、
少し臭いが残っている印象でした。

なのでエアコン消臭する人には「循環タイプ」がやはりオススメです。

結論:”空間”を消臭するならコレ

以上、ドクターデオ 浸透タイプのレビューでした。

夏場になると汗などがシートに染みついてどうしても体臭が気になってきますよね。

浸透タイプは、数時間置いておくだけなのでかなり楽です。
オススメとしては、夜のうちにやっておくことですね。
次の日の朝にはスッキリした状態で乗れます。

やっているのとやってないとでは全然違いますよ!

最後におさらいですが、

こんな感じで使い分けるとOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
しー
メカニック歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい