>>【販売台数No.1】スバル XVが初心者にオススメな理由【現役社員が徹底解説】

【レビュー】キイロビン【プロも使ってる油膜取り剤】

kiirobin-review-image
しー

こんにちは。しーです。今回は油膜取りのヒット商品【キイロビン】を実際に使ってみました。

kiirobin-review

プロスタッフというメーカーのヒット商品である【キイロビン】。

フロントガラスなどのザラツキや頑固な油膜や被膜、劣化して落とせなくなったコーティングを簡単に落とすことができるそうです。

【キイロビン】は、1976年に全日本交通安全協会の推奨品だそうです。個人的にも昔から使っていてキイロビンはオススメですよ。

今回は、私の愛車で実際に使ってみました。

キイロビン が気になる人

油膜取り剤のキイロビンは簡単に油膜を落とせるの?

この記事では、実際にキイロビンを使ってレビューを解説します。

私は、自動車整備士10年してきました。

今ままでお客様から「油膜が気になる」などの指摘で何度もアドバイスしてきた経験があります。

油膜があると、前方がギラギラして見えにくいコトないですか?視界不良となるので早めに落としましょう。

視界不良だけでなく、ワイパーの作動にも影響します。

現行のフォレスターやインプレッサの場合、よく「ワイパーがビビる」「ワイパーから異音がする」という指摘が多い傾向にあります。

これは、部品の軽量化でワイパーブレードが軽くなったコトが原因と考えられます。

軽くなったコトにより、ワイパーゴムを抑える力が従来より弱くなってしまいますので、ガラスに油膜があると、ワイパーゴムがスティックスリップしてしまい、ビビったり「キュキュ」と異音がなったりします。

この記事を読むコトで、「油膜取りの方法」「キイロビンの信頼性」が理解できます。

では、見ていきましょう。

キイロビンを使ってみる

使用前のガラス

kiirobin-review

私の愛車で使ってみます。

水をかけてみると、全体的に油膜がついているのがわかります。

新車時(2年前)にガラスコーティングして以来、何もやっていませんので、劣化し、ただの油膜となってしまっています。

kiirobin-review

特にワイパーゴムが当たらない所の油膜が多く、水がよくハジいています。

この状態だと夜の雨の日に、対向車のライトで視界が見えにくくなる可能性があります。

スペック

kiirobin-review

ここで、キイロビンの登場です。

使用方法がイラスト付きで載ってますのでわかりやすいです。

スポンジとケースがついています。

内容量は100g。成分は酸化セリウムと書いてあります。

作業手順

kiirobin-review

まず、ガラスを水洗いします。

スポンジにだいたい500円玉ぐらいの液剤を塗布します。

液剤が服につくとなかなかとれません。汚れても良い服装で作業しましょう。

kiirobin-review

ガラスに押さえつけながら、「汚れをとってあげるイメージ」で作業していきます。

今回は、わかりやすいようにガラスの半分のみ作業しました。

この後、水ですすいで液剤を流します。

樹脂パーツに液剤がついてしまうと、とれなくなる可能性があるので気になる方はマスキングテープなどで保護して下さい。

kiirobin-review

5分ほど作業しました。水のはじきが一切なくなりましたね。

油膜を簡単に落とすコトができます。

kiirobin-review

別の角度でもう一度確認しましたが、水のハジきは一切ないです。

ワイパーの動きも滑らかになって、非常に快適です。

油膜がかなりガンコで、とれない場合はもう一度やり直せば0Kです。

キイロビンの注意点

水垢やウロコはとれません。

あくまで油膜をとる商品だというコトです。

多少とれるかもしれませんが、公式サイトでも書いてあります。

ウロコはとれない

フロントウィンドウなどに発生するウロコ状の汚れは「ウォータースポット」とも呼ばれます。ガラス上の水分が太陽光で蒸発すると、ガラスに水分に含まれていた汚れが焼き付くことによって発生します。

水分は大気中の排気ガスなどの汚れを含みやすい性質を持っています。

蒸発できない汚れが水分中に含まれていると水滴の形(ウロコ状)になってこびりつきます。

特に、洗車した後に拭き取りをしなかった場合にできやすいです。

ウロコ取りをする場合を専用のクリーナーを使いましょう。

油膜をとったらコーティングをしよう

油膜をとったらコーティングをしましょう。

ガラコ等でOKです!

コーティングをしないと雨が降った時に水滴が付着したままになってしまいます。そうすると水滴により視界不良で事故を引き起こす恐れがあるため、ガラスコーティングは必要なもの。

コーティングを行うことにより自然と視界をよくしてくれるため、大雨の時などワイパーだけでは雨水の除去が間に合わないときにコーティングを行わなかったフロントガラスと大きく違いが出てきます。

キイロビンの信頼性

40年以上前から販売されているロングセラー商品です。

キイロビンは、1976年に全日本交通安全協会の推奨品として認定されました。

昔から車を乗っている人はだいたい知っている商品です。

まとめ

いかがでしょうか?この記事では、

①キイロビンのスペックや実際の使用感

②キイロビンの注意点

③油膜を取った後にはコーティングをする

こういったテーマで書いていきました。

こんな人にオススメ

•コスパの良い油膜取りクリーナーを探している

•運転中、ガラスがギラギラして見えづらい

•ワイパーがビビる、異音がする

昔から愛されているロングセラー商品です。

一度、試してみる価値はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
自動車整備士歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい