【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選

スバルのアイドリングストップ車におすすめのバッテリーが知りたい。

このような疑問にお答えします。

今や、新型車には当たり前の装備であるアイドリングストップですが、ここ最近では、その弊害が指摘され始めています。

なかでも最も指摘されるのが、「バッテリーへの負荷が大きい」というもの。

アイドリングストップは、燃費向上に伴うガソリン代の節約と、騒音や排気ガスといった環境への好影響が主なメリット…なのですが、アイドリングストップによって、エンジン始動の頻繁に繰り返していると、バッテリーへの負荷がかかります。

エンジンをかける→スターターでエンジン内の重い部品を回転させる→エンジンをかける。という動作は普段何気なく繰り返していることですが、バッテリーにとってはとても過酷なことなんです。

そのため、バッテリーの消費が早まり、結果的にバッテリー交換のコストが高くなることがあり、コスト面ではマイナスになるケースも多く、「アイドリングストップ使わない派」も多くなってきているのも現状です。

個々のクルマの使用状況により変わりますが、一般的に言えばバッテリーの寿命は2年~4年が目安と言われています。

クルマにとって重要な部品でもあるバッテリー選びで失敗したくないからこそ、以下のような疑問を持っている人も多いのではないでしょうか?

  • 純正相当の性能のメーカーってどこ?
  • 人気のバッテリーメーカーってどこ?
  • 格安で定評のあるメーカーってあるの?
しー

「純正のバッテリーが良いのは知ってるけど、高いんだよなー。」

点検時にバッテリー交換を提案した際によく言われます。
ディーラー純正品は確かに安心ですが、少々お高め。

そんな人のために、この記事ではスバルのアイドリングストップ車におすすめできるバッテリーを、正メカニックとして所属しているわたしが、今までの経験と知識で皆さんにご紹介していきます。

本記事のテーマ

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選

【スバル】アイドリングストップ車の純正バッテリーは高い?

【スバル】アイドリングストップ車の純正バッテリーは高い?

ちなみにスバルディーラーで交換するとこんな感じ。

同じスバルディーラーでも地域によってバラツキがありますが、わたしが働いているディーラーでは、値引きありの工賃込み総額で約30,000円ほどになります(条件付き)。

こちらの「ACデルコ」というメーカーについてですが、世界中の自動車メーカーのあらゆるモデルに対応する部品を供給する超大手の自動車部品ブランドです。

当社が他社と比較して明らかに優れている点は、自動車部品に関する高度な専門知識です。ACDelcoの製品は高度な性能/品質基準にクリアーし、さらにそれを上回る性能を発揮します。またそれらの部品は非常に高い信頼性および抜群の適合率を誇ります。約1世紀におよぶ歴史の中で、世界で最も優れた製品を提供するために、優れた人材を育成し、最良の製造工程を確立してきました。ACDelcoは常に業界をリードしてきました。それは当社の持つ経験と最先端のテクノロジーがあるからです。近年、自動車部品のエレクトロニクス化に伴って、ますます高い品質と信頼性が求められています。ACDelcoは様々な自動車システムに適応できる製品を消費者の皆様や販売店様に確実にお届けすることができます。

引用:ACデルコ

スバルのみならず、世界の自動車ディーラーでも純正バッテリーとして取り扱う安心と信頼、歴史の深いブランド。

アメリカの企業ではありますが、日本のJIS規格に準拠した製品の開発・製造において、トヨタ自動車の純正部品にも指名されるぐらいですから、その品質はトップレベルに値します。

不安であれば絶対にプロにお任せ!

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選|不安であれば絶対にプロにお任せ

バッテリーはディーラーなどのプロにお任せするのが安心という人が多いですよね。

バッテリーの購入から取り付けまで同じ店舗でワンストップでできるのは魅力的です。

掛かるコストを考えなければ、それが一番良い選択になります。

クルマの消耗品の中でもとても重要な部品ですからね。

とはいえ、バッテリーはアマゾンや楽天などで手軽に買える自動車部品のひとつ。

節約をしようと思えば、幅広い選択肢があります。

ネット通販では、ディーラーで購入する場合に比べてかなり安く購入できるだけでなく、比較検討もしやすいというメリットもあります。

ですが、その反面にバッテリーを把握して商品を探す必要があったり、自分でバッテリー交換作業をできる人以外は、「バッテリーをどこで交換してもらうか?」を決める必要があります。

要は時間がかかってしまうんですね。

あとは、バッテリー選びから購入まで全て自己責任になるので注意が必要です。

バッテリーの形式を知る

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選|バッテリーの形式を知る

ご自身でバッテリーを購入される前に知っておくべき記号の意味を解説します。

スバルのアイドリングストップ車(ハイブリッドは除く)の場合、「Q85」という形式がほぼ全てになります。

Q-85Lインプレッサ
フォレスター
レヴォーグ
エクシーガ
クロスオーバー7
Q-85Rアウトバック
レガシィ

そして各記号の意味はこちらの通り。

Qバッテリーサイズ←購入時は同じで
85性能ランク(数字が増えれば始動性能が上がる)
L端子位置(Lは左、Rは右)←購入時は絶対間違えない

注目してほしいのはQの次の数字です。

これは性能ランクなので、同等かそれ以上の数字のバッテリーでOK。

「CCA」と「性能ランク」は上げすぎない

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選|「CCA」と「性能ランク」は上げすぎない

CCAとは、コールドクランキングアンペアの略で、バッテリーの「瞬発力」の指標を表します。

厳密にいうと、マイナス18℃で30秒間の放電時に7.2Vまで電圧が降下するときの定電流値を指標としたもの。

単純に考えると、この値が大きいほどエンジンの始動に強い(大きなエンジンをスタートできる)バッテリーとなります。

例えば、スバルのアイドリングストップ車(ハイブリッドは除く)では620CCAが要求されます。

バッテリーを社外品に交換した場合に、CCA値は同じサイズのバッテリーでもある程度幅があり、バッテリー内の電極の表面積や材質/構造によって変わってしまいます。

CCAが高いほうがエンジンスタートには有利なのですが、限られた容量でCCA性能を上げすぎると耐久性が落ちるため、高CCAほど良いというわけでもなく、バッテリーサイズとのバランスも重要です。

なので、CCA値や性能ランクを上げすぎるのあまりおすすめではありません。

筆者が選ぶ「おすすめバッテリー3選」

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選|筆者が選ぶ「おすすめバッテリー3選」

高品質なバッテリーは安心ですが、金銭的に難しい人もいらっしゃるかと思います。

他メーカーはどんなバッテリーがあるでしょうか?

ここからは、わたしが厳選したスバルのアイドリングストップ車専用のバッテリーをディーラーに怒られる覚悟でご紹介します。

BOSCH【ハイテックプレミアム】

ドイツを本拠とする総合自動車部品及び電動工具メーカーです。

輸入車に対する専用バッテリーのシリーズが有名ですが、国産車用に開発・製造されているシリーズの品質でも定評があり、日本のカー用品店の現場でも広く使われています。

信頼性とコスパ、両方ともバランスが良いです。

またBOSCHバッテリーは、補水不要の完全メンテナンスフリーで手間いらずなのも特徴です。

パナソニック【カオス】←オススメ

国内カーバッテリー業界においても有名な「パナソニック」。一番のおすすめです。

一般家庭向けの家電から身近な乾電池や充電池まで様々な商品を生産している大手電気メーカーのPanasonicですから、信頼性はバツグンです。

新車時のバッテリーにも採用されているぐらいです。

特に人気なのが認知度NO.1の「カオス」シリーズの存在です。

カオスは全て安心の日本製。上記の商品は普通車(充電制御車)用ですが、その他に「アイドリングストップ車用」、「ハイブリッド用」と3タイプあり、幅広い車種に対応します。

カオスは、Amazonや価格ドットコムのカーバッテリーの売れ筋ランキングで、常に上位を独占する超人気商品。特に通販では、値引率が非常に高く、お買い得です。

また、日本最大級のクルマ口コミ&レビューサイト「みんカラ」で「パーツオブザイヤー・バッテリー部門」において、4年連続第1位を獲得。

口コミでは「安くて高性能」と高評価を得ています。

カオスは2018年11月にリニューアルされたばかりで、その新シリーズにおいて業界最高水準の大容量にグレードアップされました。(価格は前作と変わらないです。)

古河電池

バッテリー部門では国内でも老舗中の老舗。

古河電池は、惑星探査機「はやぶさ」に搭載されているリチウム電池を手掛けたことで有名な国内の電池メーカーです。

GSユアサバッテリーと並び立つ国内2大バッテリーメーカーの古河バッテリー。

トヨタのレクサスなど最新のハイブリットカーにも採用されている国産車用のモデル「ECHNO(エクノ)」が有名。

その技術はバイク用バッテリーにも確かに生かされており、愛車のポテンシャルを最大限に引き出してくれます。

よくある質問

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選|よくある質問

Q:自分で取り付けできますか?

A:工具が必要になりますが、自分で調べればできる範囲の作業です。

Q:どのような工具が必要ですか?

スバル車の場合ですが、10mmのソケットレンチとラチェットがあれば可能です。

Q:ディーラーで持ち込み交換は可能ですか?

A:可能な店舗と断られる店舗とあります。事前に確認してから購入しましょう。

Q:普通車にアイドリングストップ専用バッテリーを搭載できますか?

Q:サイズとバッテリ端子位置が一緒であれば可能です。アイドリングストップ車の場合、CCAが高いのであえてそうしている方も見た事があります。

まとめ

【スバル】アイドリングストップ車のおすすめバッテリー3選|まとめ

今回は以上となります。
最後にまとめです。

まとめ
  • 不安な人は絶対にプロに任せた方が早い
  • バッテリーの形式は必ず知っておく
  • CCA、性能ランクは上げすぎないで
  • おすすめは【カオス】

自分の体感では、ネットでカオスを買って持ち込みされる方が多い印象です。

昔から信頼のある商品ですからね。
ネットの口コミもいい感じです。

ですが、くれぐれもご自身で購入し、交換される人は必要な知識をしっかりと調べた上で行って下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です