>>【販売台数No.1】スバル XVが初心者にオススメな理由【現役社員が徹底解説】

スタッドレスタイヤの特徴とは【基礎知識】

studless-tire-feature
しー

こんにちは。しーです。今回はスタッドレスタイヤを使用する上での注意点について解説します。

冬のタイヤには大きく分けて、5種類あります。

  1. トレッド面に金属鋲を打ち込んだスパイク(スタッド)タイヤ
  2. オフロードや突然の降雪程度なら対応できるマッド&スノータイヤ
  3. 北欧などの極寒地で使われる厳冬期対応タイヤ
  4. 全季節に対応したオールシーズンタイヤ
  5. 金属鋲を使わずにグリップ力を確保できるスタッドレスタイヤ

日本では冬用タイヤとして1980年代まで愛用されていたのはスタッドタイヤですが、金属でできたスタッドは凍っていない道路の上で走行すると路面を傷つけてしまうおそれがあるため問題視されていました。1991年になると共にスパイクタイヤの販売は終了し、この世から徐々に姿を消していきます。

スタッドタイヤの使用は健康上の問題があり、粉じんを吸い込むとまるで喫煙したかのように肺が真っ黒になります。スタッドタイヤは現在使用禁止となっており、使用した場合は罰金があります。

現在の日本ではスタッドレスタイヤが冬用タイヤとしては一般的になっています。

今では雪道や凍結した路面でなくてはならない存在ですが、ノーマルタイヤと違っていくつか使用する上での注意点があるのはご存知でしょうか?

スタッドレスタイヤについて知らない人

そもそもスタッドレスタイヤってノーマルタイヤと何が違うの?

この記事では、スタッドレスタイヤの特徴について解説します。

私は自動車整備士歴10年目です。私が住んでいる地方では雪がよく降るので、昔からスタッドレスタイヤとは馴染みがあります。

今までプロとしてさまざまなお客様にアドバイスしてきた経験があります。

この記事を最後まで読むコトで、

スタッドレスタイヤ について知りたい人

スタッドレスタイヤを使用する上での特徴を知りたい。

こういったご要望にお答えできます。

では、見ていきましょう。

なぜ凍結した路面は滑るのか

路面の「水の膜」

凍結道路で滑るのは、路面の雪が解けて「水の膜」ができているからです。凍った路面は、熱だけでなく、タイヤなどから受ける「圧力」でも解けて水の膜が発生します。
0℃~-10℃で水は溶け出しやすく最も滑りやすい状態になりますし、温度がさらに低い状態であれば逆に水は溶け出しにくく滑りにくくもなります。

これがスリップを生み出す最大の要因です。

硬化したタイヤ

温度が下がると水は溶け出しにくくなりますが、タイヤはゴムでできているので性質上、低温で硬くなってしまうと滑りやすくなります。


本来、凹凸あるゴムの表面は、柔軟に路面に密着し接地面積を増やすことでグリップ力を維持しています。 しかし、低温時に硬化したタイヤは、路面に密着しにくくなってしまい接地面積の減少につながり、「スリップ」を誘発してしまいます。

スタッドレスタイヤとは

特徴

最大の特徴は、スタッドレスタイヤの素材は通常タイヤよりも柔らかくできており、路面との接地面積が広い分摩擦抵抗が高くなるコトです。低温でも硬くなりにくいゴムを採用しています。

タイヤのトレッド面に大きく深いブロックが設けられ、そのブロックには細かな切れ込みが刻まれています。凍結した路面を覆う薄い水分膜を吸い込んだり、タイヤの溝に入った雪を排出しやすい構造がとられているのも特徴です。

アイスバーンは苦手

ice-burn

アイスバーンは世界で最もタイヤには過酷な路面環境と言われております。アイスバーンとは、氷のように凍結した路面のこと。雪が降った翌日に気温が上昇し、夜になって急激に冷え込むと、道路の雪解け水が凍って発生しやすくなります。日本の場合、気温の高低差が激しいのでアイスバーンが発生しやすい環境になります。

積雪路を得意とするスタッドレスタイヤは、アイスバーンが発生した場合に噛むべき雪がなく、ほぼグリップすることは不可能です。ノーマルタイヤとほぼ変わらない可能性があります。

さらに氷は、気温の変化やタイヤが通過することで溶け出して水膜を生み出します。

そんなアイスバーンが苦手なスタッドレスタイヤですが、各タイヤメーカーがアイスバーンに対応できるように現在しのぎを削っています。

雨の路面は苦手

スタッドレスタイヤは、凍結路面の上にできたミクロの水の膜を取り除いて、積雪路との密着を上げて走って、曲がって、止まります。しかし、雨天時の大量の水を取り除くことはできません。

ゴムが柔らかいスタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べて路面に溜まった水をはじき飛ばすことが得意ではなくブレーキ性能が低下します。

さらに速度が上昇すると車が路面から浮いたような状態になってハンドル操作がきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が発生しやすくなるのです。

ハイドロプレーニング現象とは、タイヤと路面の間に大量の水の膜ができ、ハンドルやブレーキなどが制御不能となる状態です。

雪道でのQ&A

question
最近の車は、自動ブレーキがあるからノーマルタイヤでも大丈夫でしょ?

自動車メーカーが「作動には条件がある」というように、滑りやすい路面では、自動ブレーキが十分に効果を発揮できません。スタッドレスタイヤでもその可能性は十分にあります。安全装置とはいえ、運転支援が前提なので過信は禁物です。

ABSが付いてるからノーマルタイヤでも大丈夫でしょ?

ABS=Anti-lock Brake System(アンチロック・ブレーキシステム)は、緊急ブレーキ時にタイヤがロックした場合、ブレーキを踏んだままでも自動的にブレーキの解除・作動を繰り返し、タイヤのグリップ力を回復させるとともに、クルマの走行安定性を保ち、ハンドリングによる危険回避能力を確保しようとする装置です。雪道でABSが作動すると余計に制動距離が伸びることもあります。これは雪道ではABSでの制御が必要以上にタイヤのロックをさせなくするためです。1回ABSかかると踏み直しても数秒ABSが解除されなくなるので要注意です。
私は、橋の継ぎ目や荒れたアスファルトや雨の日などで何度か発生したコトがあります。ABSは、過信しないように注意しましょう。

雪道ではABSをOFFにした方が良いと聞いたけど?

積雪路で気温上昇してくるとシャーベットのようなの雪道になるコトがあると思います。この場合、ABSが作動すると制動距離が逆に伸びる傾向があります。なのであえてタイヤをロックさせ、雪を抵抗にして止まるという運転方法があります。しかし、ABSをOFFにしてそのままずっと走行するのは危険なので、低速時(20km/h以下)は、ABSをOFFにするなどして状況に合わせて運転方法を変えるなどのテクニックはアリだと思います。

アイスバーンが発生している路面はどうすれば良い?

アイスバーンはタイヤにとって最悪の路面環境です。ドライバーの目にはごく普通の雪道のように見えることで、不用意にスピードが乗った状態で進入してしまうこともあります。山影などの日陰の部分や風通しの良い橋の上ではアイスバーンが発生しやすいので運転する前には、その日の天気と気温と路面状況をしっかり確認しておくコトが重要です。

雪道では空気圧は低めが良いの?

空気圧を低くするコトで、タイヤと路面との接地面積が広くなるので一見グリップ力が上がりそうなイメージですが、それは昔の話です。最近のスタッドレスタイヤは進化していますので基準値に合わせておけば問題ないです。ただ、3〜4年経過しているスタッドレスタイヤの場合は、ゴムが硬化していて性能が落ちていると思われるので空気圧をあえて下げておくのは有効です。

スタッドレスタイヤがあればタイヤチェーンはいらない?

「大雪特別警報」や「緊急発表」など、大雪が降った際にタイヤチェーンの装着を義務付けるチェーン規制省令が、平成30年12月14日から施行されています。スタッドレスタイヤの性能では脱出できないような大雪の場合にも、緊急脱出用としてタイヤチェーンを備えておくことはオススメです。

chain-regulation
https://unavailable.jp/

地図にある13区間が国土交通省のチェーン規制省令対象となっています。

スタッドレスタイヤはいつ頃に装着すれば良い?

スタッドレスタイヤは、雨天時の舗装路ではブレーキ性能が落ちます。なので、早い段階から装着しておくのはオススメしません。装着するタイミングは地域にもよりますが、雪が降ってもいつでも交換できるように工具を準備しておくのが理想です。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では、

①なぜ、凍結した路面は滑るのか

②スタッドレスタイヤについて

③雪道でよくある質問についての個人的な回答

こういったテーマで書きました。

スタッドレスタイヤはグリップ力も剛性もノーマルタイヤに比べると性能は落ちます。あくまで「積雪路」専用のタイヤでということを意識して下さい。

たまに、1年中スタッドレスタイヤを装着している人を見かけますが、車本来の性能を発揮できません。自動車整備士から言わせると、車検の時に「制動力」を測定しますが当日に雨が降っているとスタッドレスタイヤでは制動力不足で検査不合格になるケースもあります。

正しい知識を持って、正しく賢くスタッドレスタイヤを装着しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
自動車整備士歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい