ピカピカレインの評判は本当なのか!?自動車整備士目線で考えた5つの強み【結論:仕上がりは腕しだい】

ネット上では「ピカピカレインの評判は良いからおすすめです!」「施工も超簡単で初心者でも安心!」という風な口コミをよく見かけるが本当なんでしょうか?

結論から言います。

仕上がりは施工者の腕しだいです

ただ、品質が高くて耐久期間が長いことを考慮するとコスパは高く、成熟しきったボディコーティング業界においてはトップクラスの品質を持っていることは間違いありません。

どんなに評判のいいカー用品も、実際に使ってみないとその良し悪しはわからないもの。

メーカーが謳っているほど効果がないアイテムも確かにあります。

では、ピカピカレインを実際に使った人達は、一体どれくらい効果の程を実感できたのでしょうか。

購入を検討しているなら、いろんな意見を確認しておきたいですよね。

そこでこの記事では、ピカピカレインについて、おすすめできるポイント、注意点について、評判や口コミをご紹介しながら解説します。

しー

わたしはディーラーで自動車整備士(メカニック)として働いております。

過去にはボディコーティングの施工も行なっておりました。

普段は施工後のメンテナンスに関してのアドバイスやその他ケミカル用品の販売促進などにも携わっております。

\\販売個数15万個以上!「ピカピカレイン」//

ピカピカレインはなぜ評判が良いのか

ピカピカレイン公式ホームページ

ピカピカレインは、DIYガラスコーティングのパイオニア的存在であり、長年の販売実績、 特許技術取得済&日本製造による品質の良さなど、総合すると唯一無二のブランドです。

初代ピカピカレインが販売されたのが2003年で、当時のピカピカレインは施工方法が難しく、全く売れなかったそうです。

そこから改良に改良を重ね、誰でも施工しやすく、そして環境にやさしいアイテムをコンセプトに絶え間ない努力の結果、楽天市場、洗車・ケア用品ランキング1位常連のガラスコーティング剤になりました。

しー

年々、実績を積み上げてきた「ピカピカレイン」。

SNSでも非常に評判が良いわけなんですが、その理由は一体なんのでしょうか。

石英ガラス並みの「無機質ガラスコーティング」

石英ガラス

どれぐらい耐久力があるの?

1度施工すれば3年間ボディの光沢が持続するピカピカレインのガラスコーティング。

ピカピカレインの硬化後は、クルマの塗装面が無機質のガラスができます。

無機質のガラスとはどういうことかというと、「ガラス系ではなく、正真正銘の本物のガラスを形成する」ということです。

この「無機質のガラス」っていうのは簡単に言うと窓ガラス。

窓ガラスってめっちゃ強そうに聞こえませんか?

これが「ガラスコート保護膜は約3年間持続します。」というところに繋がってきます。

大げさにいうと失敗が許されないコーティング剤が硬化型のガラスコーティング。

ただ、定着すると剥がすのが大変なんですけどねー。

それぐらい頑丈なガラスコーティングなのです。

またピカピカレインは、日米で特許を取得した今まで絶対不可能と言われてきた「常温でも完全硬化するガラスコーティング剤」を進化させた「SGT製法」を開発。

9Hのガラス被膜を形成することで、石英ガラス並の硬度を実現し、愛車を長期間コーティングすることができます。

しー

無機質ガラスコーティングの良いところをもう1つ挙げると、鳥の糞などの「酸性」でクリア層にクラックが入るリスクが少ないところです。

無機質ガラスは、浸食することがないのでクリア層が傷みません。

マイカーに合わせて選べる!4つのコーティング剤

コーティングの種類

乗っている環境に合わせたコーティングを選びたい

ピカピカレインでは、お乗りのマイカー、駐車している環境に合わせて、コーティング剤の種類を選べます。

プレミアムハイパースーパーニュー
水弾き滑水性撥水性親水性親水性
合うボディカラー濃色&メタリック淡色濃色ソリッド系
駐車場所屋内/屋外屋内屋外屋外
洗車頻度1回/月1回/2週間1回/月1回/月

コーティング剤は大きく分けると3つ。

水の粒が流れる「撥水性」。
水の塊が流れる「親水性」。

滑るように水が流れる「滑水性」。

それぞれに特徴があり、オーナーの好みで選べます。

ただし、汚れのつきにくさや、メンテンナンス性の良さなどは商品によって違う場合があるので ぜひマイカーと好みに合ったものを選びましょう。

メリットデメリット
撥水性角度のある玉状になり視覚的にも水弾きの効果が分かりやすい性質上、最初程の綺麗な撥水は長続きしにくい。手入れをきちんとする人向け。
親水性水滴が粒で残りにくいのでイオンデポジットがつきにくい。派手さはないため、一見するとコーティングしていない様に見えてしまう。
滑水性撥水性のように粒は出来るがサイズが大きく、それが親水性のようにサッとなめらかに流れていく。撥水性と親水性のハイブリッド。ツヤが劣る
しー

屋外駐車の人で、ブラックやダーク系のボディカラーの人は「親水性・滑水性」がおすすめです。

定番の撥水性は、何も施工していない状態よりは水がはけるとはいえ、水滴が残るので、その都度の拭き上げをしないとイオンデポジットが付着します。

これを知っておくだけでも、今後のメンテナンスのしやすさが変わってきますのでぜひ覚えておきましょう。

最強!?初心者にも超オススメの「滑水性」

コーティングの種類はどれを選べばいいの?

ボディーコーティング業界には数多くの種類の商品があるわけですが、「このボディ色なら〇〇性」、「青空駐車が多ければ〇〇性」といったように環境によって相性があります。

ただ、「駐車するシチュエーションもバラバラだし、ボディ色も濃色なのかよくわからない色なんだよね…」という人は、撥水性と親水性のいいとこどりの「滑水性」が選べる、という点がピカピカレインの強みなんですよね。

現状のピカピカレインシリーズで1番疎水し、滑るような水捌けでボディに水が残りにくい「滑水性」は、光沢感が少し劣るものの、 なるべく車体に残す水玉を少なくしつつ、 流すような水弾きを実現させるので、 まさに万能のコーティング。

コーティング選びに迷ってしまう初心者に優しいラインナップがピカピカレインにはあります。

しー

もう少しデメリットだけ伝えると、水のかける量や小雨、大雨でも水の弾き方や感じ方はかわってきますが、水をはじいた際の水玉が少し大きい(撥水性のような細かい水弾きではない)といった点でしょうか。

だたそれに勝るメリットが多いので、初心者には「滑水性」がオススメですね。

ボディ以外のメンテナンスも手を抜かない

ピカピカレインのボディコーティングは3種類のコーティングの中から、さらに10種類以上の商品のラインナップがあり、多くのネット記事がメリットとして挙げています。

ですが個人的には、コーティングのついでにできる「ボディ以外のメンテナンス商品」がラインナップとして存在するのが非常に好印象だと感じました。

ウィンドゥピカピカレイン滑水性1年耐久ウィンドゥコーティング
ピカピカレイン樹脂パーツ復活剤白くなりがちな樹脂パーツの最大12ヶ月耐久ワックス
ピカピカレインホイールコーティング超撥水性の1年耐久+耐熱ホイールコーティング
ピカピカレインヘッドライトコーティング黄ばみ、くすみを除去。ヘッドライトの透明感を復活

ピカピカレインが10年以上培ってきたコーティング技術を他パーツにも応用したアイテムがいくつかあります。

洗車グッズやメンテナンスキットのラインナップはもちろんのこと、かゆいところにも手が届くピカピカレインはさすがだなと思いました。

しー

公式サイト内で購入すればポイントが付与されますので、他パーツのメンテナンスも考えているのであれば有効活用しましょう。

施工店持ち込みプランもある

「ワックスがけと変わらない施工方法で初心者でも簡単!」と謳っているピカピカレインではありますが、とはいえ「自分で施工するのは面倒…」という人もいることでしょう。

もしくは施工してみたものの「なんか仕上がりが微妙だなぁ…」と失敗してしまうこともあると思います。

そんな人のために、ピカピカレインでは「施工店持ち込みプラン」が用意されています。

ピカピカレインと提携されているお店は、山徳商会さん(京都)ボディメンテナンスヒートさん(千葉)になりますので、関東・関西と限定的ではありますが、お近くの人はぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

コーティング前段階の「磨き」に関するプランが3つ用意してあり、ボディの状況に合わせて最適なプランを提案していただけます。

しー

「ネットで購入した商品を持ち込む」って大半の業者さんに嫌われますw

もちろん自社で取り扱っているコーティングを売りたいわけですし、失敗しても責任取れないですから。

提携店があるのは助かりますね。

ピカピカレインの購入前の注意点

ブログやSNSで評判の名高いピカピカレインですが、個人的に感じた「デメリット」の部分をいくつかご紹介します。

耐久年数は「下地処理次第」

クルマには、イオンデポジット(水垢)や鉄粉など汚れがついています。

その状態でコーティングしてしまうと、汚れの上からコーティングしてしまい、汚れを落とせなくなってしまいますし、コーティングにムラもできやすく、耐久性も落ちます。

せっかくの「3年間耐久」も、すぐに効果が落ちてしまうともったいないですよね。

そのため、コーティング施工前に下地処理を行い、綺麗な状態にしてから施工することが非常に重要です。

これをしっかりやるかで仕上がりの大半が決まります。

下地処理に必要な道具としてはこちらの通り。

  • 洗車道具
  • イオンデポジット除去剤
  • 鉄粉除去剤
  • コンパウンド剤
  • ポリッシャー
  • 脱脂剤

洗車をしたら、まずは「鉄粉除去」。

鉄粉を先に取り除く理由は、研磨するときにボディが傷つくのを防ぐためです。

鉄粉除去をするときは、鉄粉除去用の粘土が王道なのですが、ボディに傷が入るのでできたら除去用のクリーナーがおすすめです。

鉄粉除去ができたら、「水垢・イオンデポジット除去」をします。

この工程で、目に見える汚れを綺麗に落とします。

次に「研磨」で小さな傷や細かい汚れを消し、表面を滑らかにします。

(器用な人は電動ポリッシャーなどを活用しましょう)

鉄粉が残っているとボディを傷つけてしまうので、入念に鉄粉除去をしてから研磨します。

表面が綺麗になったら、「除去剤」や「コンパウンド剤」を洗車で落とし、最後に脱脂剤を使って、塗装の表面に付着した油分を完璧に取り除けば完了

と、下地処理方法をお伝えしましたが、ここまでやって下地処理です。

仕上がりの満足度は人それぞれですが、できたらここまでやって欲しいんですよねぇ…。

しー

何が言いたいかというと、「業者に依頼するより安い」と紹介しているサイトがほとんどですが、ここまでしないといけないことを考えると果たして本当にコスパは良いのか…。と思いました。

コーティング剤の硬化に時間がかかる

時間がかかる

コーティング剤が硬化するまでに長い時間がかかるのはガラスコーティングのデメリット。

ガラスコーティングは硬い被膜を形成するため、簡単には再施工ができません。

しかも、硬化する前にクルマのボディに水分が付着すると被膜の形成が不完全になりますので、最低でも3日~4日はクルマを業者に預ける必要があります。

つまり、ガラスコーティングを施工するのであれば、しっかり予定を組みましょう。

また、ガラスコーティングが終わる目安は、「乾燥」ではなく「硬化」という点にも注意すべきです。

目視で乾燥と硬化の違いを見極めることはできませんので、しばらくはクルマを使えないと考えましょう。

しー

ピカピカレインの場合は、約12時間で表面硬化→約2週間で完全硬化が完了します。

ピカピカレインをおすすめできる人&できない人

DIYで簡単に施工ができるピカピカレインですが、ここでおすすめできる人とおすすめできない人を区別してみます。

おすすめできる人

  • 耐久性のある「硬化型」のコーティングに興味がある
  • ボディに合わせたコーティングを選びたい
  • 撥水性と親水性の合わせたコーティングを選びたい
  • DIYでそれなりにコーティングできたら良い

ピカピカレインはガラス成分の含有量が多く、形成される被膜が石英ガラス並みの9Hという高い水準の硬度を持っています。

今まで絶対不可能と言われてきた「常温でも完全硬化するガラスコーティング剤」は日米でも特許を取得しています。

このことから、ボディを傷から守る効果が高いのは明らかですし、独自の技術による撥水性能が付与されていることでワックス不要という点も魅力的です。

「初心者でも簡単に」をコンセプトに掲げている通り、施工ミスも起こりにくい設計で、プロでなくても一定以上の質で仕上げることができるでしょう。

ユーザーが自分で施工しやすいように作られている点を加味すると、自分で美しく仕上げたい人にとってはコストパフォーマンスは高いです。

おすすめできない人

  • 仕上がり重視な人

あえて辛口に言うと、「施工のしやすさ」と「仕上がりの満足度」は過大評価されすぎではないかと思ってます。

ガラスコーティングには腕が必要なのは確かです。

もちろん、下地処理に使う道具へのこだわりでも仕上がりは左右されます。

プロの業者さんもしっかり下積みをされています。

どれぐらいの仕上がりが満足なのかは人それぞれですが、クオリティを求めるのであれば、そんな甘い世界ではありませんよ。

今まで全部ディーラー任せで洗車すらも自分でしたことがほとんどないという人は、おすすめしません。

そういった人は最初からプロに依頼するべきです。

まとめ

ピカピカレインのコーティング剤は、実際に使った人達からも優れた効果を実感できたという口コミが多数寄せられています。

評判の高さは各SNS・ブログ・Youtubeなどで取り上げられているのでとくに深掘りはしませんでしたが、自動車整備士目線で見ても、効果重視で選びたい人にはかなり魅力的なアイテムだと言えますので、ぜひ前向きに購入を検討してみてください。

ただ、ピカピカレインは他のコーティング剤と比べて少し値段が高いです。

あとネットでしか買えないといった悪い評判もあります。

しかし、ガラスコーティングとしての品質が高く、耐久期間が長いことを考慮すれば、コストパフォーマンスはかなり高いです。

しー

今では当たり前になっているDIYガラスコーティングですが、ピカピカレインはその中でもパイオニア的な存在です。

コーティング専門店が10年以上研究してきた「品質」を、ぜひあなたも体感してみませんか?

\\販売個数15万個以上!「ピカピカレイン」//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。