【全て無料】MOTA新車見積もりサイトに依頼して「自宅で複数まとめて簡単比較」|注意すべきデメリットも解説

車とお金

ネットで新車の見積もりが一括でできるサイト(MOTA)があると聞いたけど怪しそう…。でも便利そう…。

新車を選んでいる時ってすごくワクワクしますよね。

とはいえ、自分の理想な新車を探しに、各ディーラーを駆け回るのって大変なもんです。

近くにディーラーがない…
営業マンと喋るのが苦手…
見積もりを依頼すると買わされそう…

そもそもディーラーが近くになければ、休日にたっぷり時間を確保しないといけません。

あとは営業マンと喋るのが苦手な人も少なくないと思います。

でも、見積もりはクルマの購入に必要不可欠な手順です。

見積もりをすることで、そのクルマについてより詳しく知ることができますからね。

そこで、「時間がない人・喋るのが苦手な人」でも簡単に多くの新車見積もりが一括で手に入る便利なサイト「MOTA新車見積もりをご紹介します。

しー

買う予定はまだ先だけど、見積もりが欲しい」とディーラーでお願いしたら迷惑がられそうでなんか変に緊張しませんか?w

そんな人にもぜひ活用していただきたい「自宅で新車の見積もりが手に入る方法」です。

あわせて利用する上での必要な知識もご紹介します。

\\依頼数60,000件以上!「MOTA新車見積もりサイト」//

自宅で新車の見積もりをとる「利用価値」

新車買うぞ!
いくらするんだ!?

メーカーサイトの見積もりシミュレーションをポチポチ入力。

意外と安くなるやん」と思いディーラーに予約。

見積もりを依頼すると「んーやっぱ高いな」となって、「それだったら他のクルマとの比較もできたよねー」となる。

平日は時間が取れないからせっかく休日を使って行ったのに…。時間の無駄だったかなぁ…。

これ結構あるあるかなぁと思います。

では、ネットの場合だとどうでしょうか。

MOTA新車見積もりサイトの利用価値について深掘りしてみます。

MOTA新車見積もりサイトとは

MOTAロゴ画像
出典:MOTA

ネットから新車の見積もりを複数のメーカーから簡単に取り寄せることができるサービスです。

MOTA新車見積もりサイトは、日本最大級の新車見積もりサイト現在の加盟ディーラー店舗数3,000店舗、2022年3月の見積もり依頼数66,665件。

複数メーカーを無料で比較でき、支払い総額・諸費用まで分かります。

見積もりが可能なメーカーは以下の通り。

国内ドイツアメリカイギリスイタリアフランス
スウェーデン
レクサス
トヨタ
日産
ホンダ
スズキ
ダイハツ
マツダ
スバル
三菱
三菱ふそう
いすゞ
光岡自動車
メルセデスベンツ
スマート
メルセデスAMG
BMW
メルセデス・マイバッハ
BMWアルピナ
アウディ
フォルクスワーゲン
ポルシェ
キャデラック
シボレー
フォード
リンカーン
ジープ
ロールスロイス
ベントレー
ジャガー
ランドローバー
アストンマーティン
ロータス
マクラーレン
モーガン
ケータハム
フィアット
アルファロメオ
フェラーリ
ランボルギーニ
マセラティ
アバルト
プジョー
ルノー
シトロエン
DSオートモビル
アルピーヌ
ボルボ

見積もりを送ってくれたディーラーに対して値引き交渉にチャレンジしたり、試乗の予約をしたり、オプション価格や納車時期など、直接聞きづらいことも質問することができます。

ディーラーに行かなくてもいい

ディーラーに行かなくてもネットでできる

MOTAでは専用フォームより見積もりを無料で申し込み、マイページに見積書が届きます。

ここではMOTA編集部が独自のネットワークで収集した「値引き目標額」が分かるだけでなく、メールを用いてディーラーとオンライン商談も可能。

自動車メディア大手のMOTA独自のネットワークを利用することで、ライバル車と競合させる時に「他では〇万円の値引き相場となっていたが、それ以上安くしてくれれば購入する」といった商談も可能となります。

わざわざ自分で出向いて相見積もりする必要もありません。

つまり、MOTAを利用すれば、本来ディーラーに出向いて行わなければならない商談はもちろん、値引きに必要な情報も自宅にいながら入手することができます。

これは最大のメリットです。

諸費用などを含めた「総額が分かる」

車の総額が分かる

見積もりシミュレーションは各メーカーのサイトでも用意されていますが、税金や手続き費用までは分かりません。

いわゆる「乗り出し価格」と言われるものですね。

乗り出し価格はクルマ本体価格だけでなく、オプション費用や諸経費を全て含んだ総額のことです。

一般的にディーラーや販売店のチラシやHPなどで掲載されている新車価格はクルマ本体価格であり、実際にはこれにプラスで費用がかかります。

乗り出し価格にはクルマ本体価格以外に

  • 法定費用
  • 代行費用
  • オプション費用

などが含まれており、車本体価格の約10~20%となることが多いです。

なので、正確な「乗り出し価格」を把握しようと思うと、ディーラーで商談する必要があります。

ですが、MOTAの新車見積もりサイトであれば、カタログに載っている車両本体価格以外の諸経費もすべて把握することができますので、しっかりとプランを立ててクルマを購入することが可能になります。

自分の好きな時間に見積もりを取れる

好きな時間に

空き時間や好きなタイミングで見積もりが取れるというのも大きなメリットです。

ディーラーで見積もりを受ける場合は、事前に予約をし、来店当日も予定を空けておく必要があります。

予約なしでの来店は、繁忙期の場合だとかなりの時間をとられることでしょう。

それに比べてネット上で見積もりをとる場合は、自分のタイミングで見積もりをとることができますよね。

忙しくて、朝早い時間or夜多い時間にしか見積もり依頼できない、というような見積もりに時間を割けない人は、24時間いつでも好きな時間に見積もりがとれるネットでの見積もりは特にメリットを感じるでしょう。

過度な営業トークを避けられる

営業マンの過度な営業トーク

「ディーラーでの見積もりを受けたくない」という人の中には「執拗な営業を受けたくないから」という人もいますよね。

何となくのイメージで、ディーラーでの見積もりだとグイグイ営業かけられて、断りづらい雰囲気になる…っていう印象を持っている人も多いんじゃないかと思います。

そりゃ営業マンも、何とかお客さんを獲得したいと思って必死な訳ですから、営業をかけるのは当然です。

ただ人によってはその営業がイヤだ、という人も少なからずいる訳です。

そういう人にとって「ネットでの見積もり」は、直接営業マンと接触することが少ない分、過度な営業は受けにくくなる、と言えます。

しー

ただ「営業を受けにくい」ということはお得なサービスや特典情報が聞けない可能性がある、という点ではデメリットですかねぇ…。

その辺はのちほど解説します。

MOTA新車見積もりサイトの注意点

無料で多くの新車見積もりをゲットできる「MOTA新車見積もりサイト」は確かに便利なわけですが、いくつか注意点もあります。

  1. 申し込みは1回につき1台(複数できる場合あり)
  2. 期待以上の値引きは難しい!?
  3. お得な情報が手に入りづらい
  4. 地方や離島では登録されてないディーラーもある

こんな感じ。
順番に解説します。

申し込みは1回につき1台(複数できる場合あり)

申し込んで比較

MOTA新車見積もりサイトでは、複数の新車の値引き情報・見積もりを入手できますが、基本的に1回の申し込みに対して1台となっています。

例えば、フォレスターの場合は、問い合わせページに「この車種を問い合わせている人は、こちらも問い合わせています」という表示がされ、複数の見積もりが取れます。

つまり、1度に複数の見積もりを取ることも可能。

しかし、他の車種を選び、そのような表示はされない場合は、複数回申込む必要が出てきます(すべて無料)。

申し込む回数が増えるということですね。

それでも複数社の見積もりを直接自分で取りに行く手間を考えると、さほどデメリットではないです。

期待以上の値引きは難しい!?

期待以上の値引き

期待以上の値引き…これはディーラー側も買うか買わないかどうか分からない人にはいきなり大幅値引きとか出してこない可能性が高いです。

しかし、本気の人にはディーラー側も本気になるのは間違いないでしょう。

交渉を重ねたり、その見積もりを持って実際に他のお店に足を運んでみることで解消できる範囲ではあるので、大きなデメリットではありません。

MOTA新車見積もりサイトは、無料で複数の新車の見積もりを入手できたり、気になる車の値引き相場が分かるサービスになりますが、その強みは何といっても情報の信頼性にあります。

MOTAの設立は1999年6月〜と長い歴史をほこり、MOTAのウェブサービスは今ではクルマ好きであれば誰もが知るところとなっています。

中でもMOTAの新車見積もりサイトは、MOTAの高い信頼性の元に受けることができるため、多くの車オーナーから利用されています。

大手企業の情報を入手できるからこそ、それを元に商談できるのは大きなメリットです。

しー

ちなみに今の自動車業界は「値引きなし」という方向に舵が向いてきていますので、値引きに関してはリアルだろうがネットであろうがあまり関係ないかもですね…。デメリットして挙げましたが、あまり気にしなくてOKです。

お得な情報が手に入りづらい

お得な情報

ディーラーによっては、この期間に「来場→契約」をされた人を対象に「限定グッズプレゼント」「オプション割引」などの特典を用意している場合があります。

ネットでの見積もりの場合は、そういった特典は一切受けられない可能性があります。

この辺は交渉次第かと。

しー

お得な「展示車販売」などはディーラーに出入りしている人の特権ですね。

地方や離島では登録されてないディーラーもある

見積もり可能な店舗が見つかりませんでした

「現在の加盟ディーラー店舗数3,000店舗 !」を謳っているMOTA新車見積もりサイトですが、該当がない地域もまだまだあります。

ちなみに地方在住の筆者の場合、フォレスターの見積もりで検索すると「お見積もり可能な店舗が見つかりませんでした」と表示されましたw

この辺は、早く全国くまなくカバーしてほしいところ。

車買取の一括査定の場合だと出てこないとか絶対に無いので、まだまだこれからのサービスといって良いかもしれないです。

実際に新車見積もりサイトってMOTAぐらいしかないですからね。

入力は最短45秒!「MOTA新車見積もりサイト」

最後に、「MOTA新車見積もりサイト」についてまとめるとこんな感じ。

  • 複数のクルマを総額で比較できる
  • ディーラーに足を運ばずに商談ができる
  • MOTAの高い信頼性で質の高い交渉ができる
  • 過度な営業トークは避けれる
  • 地方の場合は該当がないので注意
  • すべて無料で利用できる

本来は自分でディーラーに足を運ばなければできない作業が、ほとんどMOTAで完結し、すべて無料で利用できます。

新車購入時にはぜひ活用していただきたい。

とくに「ディーラーで見積もりだけが欲しいけど、冷やかし客と勘違いされたくないしなぁ…」とか「過度な営業トークは苦手だしなぁ…」みたいな繊細な人にはおすすめです。

しー

とにかく無料なので利用して損はないですよー。

\\依頼数60,000件以上!「MOTA新車見積もりサイト」//

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。