【体験談】職場での人間関係が最悪だった話【即刻やめてOK】

workplace-relationships-image

職場の人間関係が最悪だ。
でもきっと今だけだからもう少し頑張ろう。

もしこのような状況になっていたら危険です。
即刻やめてOK。

こんにちは。しー(@c_mecha_log)です。

サラリーマンってコミュニケーションが良好でないと仕事が円滑に回りませんよね。
ディーラーの自動車整備士も同じ。

ディーラーの場合は入庫台数や売り上げにかなりシビアなので作業時時間にかなり厳しいです。

「12ヶ月点検は○時間」「車検整備は○時間」と時間が設定されていますが、整備しているとイレギュラーが発生する事も少なくないです。(ボルトが折れたり等)

そういった時に周りの整備士がコミュニケーションをとりながらフォローしないと現場の仕事は回りません。

自動車整備士は個人個人が黙々と作業をやっているイメージですがそれはひと昔まえの話。

コミュニケーションは、どんな仕事であれ、あなたの仕事を円滑に回すための重要な役割があります。

しー

この記事では、職場の人間関係が最悪で悩んでいる人向けです。

わたしの体験談を織り交ぜながら、これからとるべき行動を解説します。

本記事のテーマ

【体験談】職場での人間関係が最悪だった話【即刻やめてOK】

【体験談】職場での人間関係が最悪だった話

【体験談】職場での人間関係が最悪だった話【即刻やめてOK】

ここからは昨年、わたしの職場で起こった人間関係トラブルに関して書いていきます。

不器用な後輩

私の修理工場に2020年4月から業務応援で1人異動してきた整備士がいます。

国家資格保有の5年目整備士。
彼の仕事ぶりは周りの店舗からあまり評判は良くなかったです。

真面目なんですが、不器用な後輩でした。
(外さなくて良い部品を外しちゃうとか)

あとは、自分が出来てない事を他人にはよく指摘する。
こっちが指摘するとムスッとした顔をして態度悪かったり…。

そんな彼ですが、よくリフトに顔をぶつけたり、リュックのファスナー全開で帰ったり、自分の車のルームランプ点けっぱなしだったり…と少しお茶目なところもあったりと、イジられキャラとしても可愛がられていました。

チーフがめんどくさい

私の職場は「サービスマネージャー」がいて、「現場のチーフ」がいて、「整備士」が3人いるような修理工場でした。

この「現場のチーフ」が非常に厄介ものです。

チーフのスペック
  • 昔の職人タイプ
  • 技術力かなり高いがコミュ力低め
  • 完全実力主義
  • 仕事できない奴とは距離を取る。
  • 嫌いな奴の陰口かなり多い
  • 仕事ができる人には優しい

お分かりだと思いますが、後輩とは完全に合わなさそうですよね。

わたしは、このチーフとは1年目の時からお世話になっていてわたしには非常に優しく接してくれます。
性格は合いませんが…。

ただ、後輩がいない所で私は相当な陰口を聞いてきました。

「アイツ何年目やねん」
「整備士としてどうかしている」
「今まで何やってきたん?」
「アイツの作業は全部雑」
「使えない」

私は直接本人に言えよと思いつつ、「まぁまぁ、まだ言っても5年目ですから」と話を合わせてしまっていました。

それから、日に日にチーフのイライラも積もるばかり。

後輩の前でロッカー思いっきり閉めてビビらせたり、すれ違い様に暴言を吐いたり、仕事でコミュニケーションを取りにいっても全部無視される。

後輩はわたしに「あの人はどうなってるんですか!全部無視されるんですけど」と私に相談してきました。

わたしは「ほっとけ。あの人は無理や。仕事の事は全部オレに聞け」と言いました。

そして、2020年6月29日。
彼の応援最後の日でした。

彼は私の作業を手伝ってくれていました。
ですが、その作業がうまくいかず相当時間がかかっていました。

その時、チーフが空いているピットに車を入れようとしたら、後輩が前の作業で使った大きめの段ボールをピットに置き忘れていて車が入れれない状況でした。

そこでチーフが思いっきり壁に段ボールを蹴り飛ばしました。

周りは驚愕。

その後、彼はチーフがいなくなった状況で大泣きして崩れてしまいます。

そして私に謝ってきました。

「私が使えない人間ですいませんでした。」と連呼し、「最後の最後までチーフと仲良くなれなかったです」

彼は真面目すぎた。
業務応援で来てくれたのに本当にかわいそうな事をしてしまった。

ここまで自分を追い込んでまでする仕事なんでしょうか。

わたしは即刻上司をすっ飛ばして本社に報告しましたが、
彼は翌月離職届けを出してしまいます。

原因が分からない→即刻逃げてOK

後輩はたしかに仕事のクオリティは高くなかったです。

ですが、悪いところを指摘して改善にもっていくのが先輩・上司に役割ですよね?

経験年数がまだ浅く、技術力がまだ低い社員に対して、何もせず一方的に嫌う先輩。

こんな先輩のもとで働くぐらいなら即刻逃げるべきです。

整備士の場合、特殊な職場なので個性的な先輩が多めです。
特に昔ながらの完全実力主義の職人気質なタイプのベテラン先輩は、めっちゃしんどいです。

こういった先輩を会社は改善、もしくは処罰するべきだと思いますが、時間がかかります。ベテランになればなるほどそんな簡単なことではないと思います。

とはいえ、今の最悪な人間関係の原因が自分にあるにもかかわらず、それに気づかず辛いからといって逃げてしまうのは話が違います。

それで逃げて転職したとしても同じことを繰り返すだけなので。

もし自分の“何か”が原因で人間関係を壊してしまっているのなら、その“何か”を見極めなければなりません。

自分を客観的に見て、それでも分からなければあなた以外の何かが原因になっています。
それならさっさとやめて次を考えましょう。

待っているだけでは心が持ちません。

仕事のストレス第2位は「人間関係」

働く人のストレスの原因の第2位は職場の人間関係というアンケート結果があります。
かなりの方が人間関係に悩まれています。
今悩んでいない方もいつ人間関係にストレスを感じるようになるか分かりません。 

とはいえ、「即刻やめてOK」と言いましたが、それでもなかなか勇気が入りますよね。

「職場での人間関係が最悪なんだけどなんとかしたい」という人向けに、10年間同じ会社で働いてきたわたしが対処法を解説します。

苦手な先輩の対処方法

人数が多いお店だと「そもそも関わらないようにしよう」でなんとかやり過ごせるかもしれません。

ですが、わたしの職場のように少人数の場合、まったく関わらないようにするのは困難です。まして、自分が新人であれば、指示されたり、教えを請わなくてはならない場面も多いはず…。

そんな時にわたしがやっていた対処方法をいくつかお伝えします。

接し方の工夫
  • 良いところを見つけてリスペクトしまくる
  • とにかく笑顔で接する
  • 小言には反論しない。返事だけする。深く話を聞かない。

行動の工夫
  • 忙しそうな時は、なるべく話しかけない
  • 機嫌がいい時を見計らって話しかけるようにする
  • 信頼できる他の先輩を頼り、聞きにくいことは先輩を介してもらう
思考の工夫
  • 心の中で「哀れな人間だ」と見下す
  • 何か言われてもいちいち噛みつかない
  • 戦うだけムダなので別の形で復讐できるか考える
仕事として割り切る工夫
  • 真剣な場面では敬意をもって質問する
  • 理解していることは聞き流す。知らないことは慎重に聞く
  • 仕事とプライベートを分けれる自分は「優秀」だと思い込む

こんな感じで対処してきました。
最初はしんどいかもしれませんが、これで一度試してみて下さい。

会社に限らず、社会には自分と合わない人もいることを受け入れて、接し方を工夫することが人間として成長できると思っています。

嫌なものを拒絶するのは誰にもできます。
ですがそのままだとただのコミュ障のまま。
人間関係を悪化させる原因を作るのがあなたになってしまうかもしれません。

コミュニケーション能力を高めることで、「誰に」「何を」「どのような立場から」「どのような表現で伝えるか」といった、今後のあらゆる調整に不可欠なスキルが磨かれます。

プラス思考が「圧倒的に有利」

自己肯定感が低いほど自分を責める気持ちが強くなります。
自己肯定感を高めるにはどうしたらよいのでしょうか。

まず、自分に対して優しくなる必要があります。
完璧主義をやめて他人と比較することをやめましょう。
自分の長所を再確認して自分を好きになるよう努力することが大切。
自分の個性を尊重して自分に対する間違った思い込みを手放すと違う世界が見えてきますよ。

それから、ネガティブな過去は手放しましょう。
過去は変えることができません。

大切なのは過去の体験を活かして成長することです。
過去の自分を責めるのは逆効果です。勇気を出して前を向いて歩いていきましょう。

失敗することはショックですが失敗から学べることはたくさんあります。
全ての物事には良い面と悪い面があります。
悪い面を見つけたときは良い面も見つける癖をつけるべきです。
柔軟な思考を身に着ける練習にもなります。

最後にオススメなのが、自分の短所について考えることです。
自分の短所には実はポジティブな面が隠れていたりします。

たとえば、「思いついたらすぐ行動してしまう」という性格だったします。
こういった人は、何事にも急いで対応するタイプ。

緊急性が重要視される職場では重宝されます。
このように、ポジティブな面を認識すると自然と考え方も前向きになっていきます

一番怖いのが「うつ」

とはいえ、

「ここまでやっても何も変わらない」
「改善するまでに時間がかかりすぎる」
「プラス思考?そんなの無理だ」

上記に当てはまる人は職場を変えるべきです。
もう一度言いますが、即刻やめてOK。

なぜなら、もうあなたは頑張ったから。
これ以上頑張ってしまうと病気になってしまいます。

病気になってから仕事を辞めると、次の仕事までにブランクができてしまい、再就職に支障がでる可能性があります。

特にうつの場合、真面目な人がなりやすいので「お金が稼げない自分」すらストレスに感じてしまい、病状の悪化など悪循環に陥ってしまう可能性があります。

症状は人それぞれですが、無気力感が続く人は注意が必要です。
職場での人間関係の改善が難しいのであれば、無理をせず辞めるという選択肢を選んだほうがいいです。

転職せずに「休息」を

【体験談】職場での人間関係が最悪だった話【即刻やめてOK】転職せずに「休息」を

辞めてからも精神的に辛くなっているかも知れません。

別にすぐ転職しようとしなくてもOK。
消耗してしまった自分に休息を与えて下さい。

ただ、生活する為にはお金が必要ですよね。
お金は稼がなくても「最低限の生活」は可能です。

失業保険を貰う

失業保険とは、正式には雇用保険と呼ばれるものです。

自己都合、会社都合、定年退職などの理由でも次の勤務先が見つかるまでの間、受給できます。

まず、最初に知っておかなければいけないことは、失業保険を受給するためには、「求職活動」が必要だということです。失業保険というのは、「仕事を探しているが、就職できていない状態」の人に給付されます。「退職後にのんびり休みたい」と考えている人は、本来対象者になりません。

でも、言わなきゃバレないんでしょ?となりがちですが、失業保険を受給するためには、求職活動をしているという実績が必要になります。

具体的に説明すると、4週間に一度、失業保険の「認定日」が設けられています。認定日にはハローワークに直接行って、4週間のあいだに2回以上の求職活動の実績があったかどうかを確認されます。

まとめると、失業保険を受給するためには、4週間に2回以上の求職活動実績が必要なので、「何もせずに遊んでいる」だけでは失業保険はもらえないということです。

わからなければ、近くの役所で相談しましょう。

疲れてしまっていると思うので足を運ぶのが面倒なら、
まずは電話でいいと思います。

具体的には「会社を辞める予定なのですが、失業保険はいくら貰えますか?」と聞けばOKです。

もしかしたら、書類をもって来てくださいと言われるかもですが、そしたら行くだけです。

求職者訓練

失業保険を相談して、厳しかったら求職者訓練を受ける選択肢もOK。

これに関しては近くのハローワークで相談しましょう。
まずは電話してみて下さい。

「失業保険を受け取るか確認→職業訓練を確認」です。

無駄な固定費は全て無くす

携帯は格安simにしたり、タバコは辞めたり、無駄な保険は解約しましょう。

身の回りの物はシンプルにしましょう。
いらない物は全てメルカリに売って処分→お金にします。

シンプルにすることで迷いもなくなります。

人生の生き方は「今の環境だけではない」

【体験談】職場での人間関係が最悪だった話【即刻やめてOK】人生の生き方は「今の環境だけではない」

以上、わたしの体験談を踏まながら、対処方法、退職してからの話を書きました。

世に中には仕事がたくさんあります。
自動車整備士の場合、人手不足が社会問題となっており、求人がなくなることはまずないでしょう。

人生の中で、家族の次に時間を費やすことになる「職場」。
今いる職場であなたは幸せな人生を送れそうでしょうか?

無理なら勇気を出して今月に辞めましょう。
そして、今の職場の人間達より幸せになって見返してやりましょうよ。

「怖い上司のせいで、なかなか辞めさしてくれない!」

そんな人には、退職成功率100%の「男の退職代行」がオススメ。
入社したてで言い出しにくい人でも大丈夫です。

たとえ入社したばかりであっても、退職は正当な権利です。
また、ミスマッチを早期解消できるという意味で、早期退職は雇う側にも雇われる側にもメリットしかありません。

堂々と退職しましょう。

人生の生き方は「今の環境だけではない」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です