>>【販売台数No.1】スバル XVが初心者にオススメな理由【現役社員が徹底解説】

タイヤの空気圧が膨張?【温度によって変化する空気圧】

しー

こんにちは。しーです。タイヤの空気圧マメに点検してますか?忘れがちですが、燃費に関わる重要な点検です。

燃費に関わる事は、皆さん知ってますよね?

タイヤと燃費については前回少しだけ触れました。

空気圧点検している人

なんか空気圧めっちゃ高くね?

夏にガソリンスタンドでタイヤの空気圧を点検していたらこんな事なかったですか?

自動車整備士

タイヤの空気圧が膨張して高かったので基準値に減らしておきました。

点検時に若いメカニックからこう言われて、

点検受けた人

いやいや半年ぐらい空気圧見て無いのに、なんで高くなってんねん。

何もしてなかったら空気圧って減るんじゃないの?という疑問がある方はいませんか?この記事では、タイヤの空気圧が膨張したり収縮したりしているということを解説します。

しー

私は自動車整備士歴10年目です。ディーラーで自動車整備士をやっています。

今ままで、タイヤに関するアドバイスを様々なお客様に行ってきました。

この記事を最後まで読むコトで、

タイヤのコトをあまり知らない人

「タイヤの空気圧を全く点検していないのに空気圧が変わっていないのはなんで?」

こういった疑問にお答えします。

では、見ていきましょう。

結論:季節によってタイヤの空気圧は膨張

①春〜夏→空気圧上がる。

②秋〜冬→空気圧下がる。

これはエコタイヤ、スタッドレスでも一緒です。

空気は暑くなると熱膨張で空気の質量には影響はないですが体積が上がる事で空気圧が上がります。

体積と質量

体積と質量

ざっくり言うと

体積→どれだけその場所をとっているのか。体積が大きいと広く場所をとっているイメージ。

質量→物質の重さ。体重計に乗せた感じ。

逆に、冬は気温が下がるので体積が収縮しますので空気圧が下がります。

空気圧の高すぎると低すぎる

自転車のタイヤをイメージしても分かりやすいです。

以下にまとめてみました。

高すぎた場合

①走行抵抗が減る→燃費よくなる。

②ハンドルが多少軽くなる。

③乗り心地が悪くなる。

④過剰に入れすぎると最悪破裂して簡単に死にます。

⑤タイヤの中央が大きく膨らむので中央摩耗を起こします。

低すぎる場合

①乗り心地は高すぎるより低すぎる方が良い。

②ハンドルが重くなる。

③地面と接地面が増えるので、タイヤ溝が削れる面積も増えます。

④タイヤの両側のみ過剰に摩耗します。

⑤バーストの危険性が高い(タイヤのヒビが多く、フル乗車して高速道路走るとバーストの危険性は爆上がりです←実体験で、バーストしました。)

なのでまだ高すぎる方がマシです。

でも一番良いのはその車に合った基準値がベストなのは間違い無いです。

少し高いぐらいがメンテナンス頻度も減って良いと思います。

基準値に合わせよう

運転席を開けたら、左側にドアとボディーの間に「タイヤ空気圧」と書いてあるステッカーがあると思います。

だいたいこの辺にシールが貼ってありますので、確認してみて下さい。

点検方法は、タイヤ(正確にはホイール)に黒いゴムに黒いキャップがあると思います。

そこは、左に回して緩めて取り外します。

あとは、エアゲージをぶっ刺すだけですw。

入れるのと抜くの使い方はゲージによると思いますが、強く握ればエアが入り、軽く握ると「シュー」と言ってエアが抜けると思います。使い方は確認して下さい。

市販品で空気圧を点検

ガソリンスタンドや車屋に乗っていくのが面倒な方は、こんな商品があります、、、、

みたいな感じで紹介しようと思いましたがやめます。

プロが使っているちゃんとしたエアゲージで見てもらいましょう。

市販品で、たくさんありますが、正直その商品信頼性あります?校正証明書とかちゃんとあります?

命を預かる大切な車の大切な部品ですよ?ちゃんとしたエアゲージで正確に点検しましょう。

(実際、校正を怠って全然違う値を表示するエアゲージをいろんな所で見てきています。)

校正とは、実際の値とゲージが表示する値に誤りがないか修正する事です。

季節によって空気圧は変わりますので、定期的に点検しましょう。

目安としては、1ヶ月に1回です。

ガソリンスタンドでガソリン入れるついでとか、洗車機で洗ったついでに点検したり、タイヤを長持ちさせる為にも頑張りましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では、

①結論:タイヤの空気圧は季節によって膨張します。

②タイヤの空気圧の高すぎると低すぎるについて

③空気圧を調整するにあたって

こういったテーマで書きました。

タイヤの空気圧は季節によって変化しますので、定期的に点検を行って常に最適な空気圧に設定しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
自動車整備士歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい