【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】
  • スバル XVってどんな車なの?
  • スバル XVってどんな性能なの?
  • スバル XVの歴史が知りたい。

スバル XVは、現代人のカーライフにもっともマッチしたスバル車になっています。

日本の市場では、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンがまだまだ人気ですよね。
それらを追いかけるように、クロスオーバーSUVも年々販売台数を伸ばしています。

10年ほど前からSUVブームなどといわれ、
世界中の自動車メーカーから多様なSUVモデルが登場しています。

約30年前の80年代から90年代初頭には「四駆ブーム(RVブーム)」というものがありました。

トヨタの「ランドクルーザー」、三菱「パジェロ」、日産「サファリ」、などが代表格です。
街中にはクロスカントリー4WDに乗ることがステータスだった時代。

2000年代になると影は薄くなりましたが、2000年後半になってくると、かつての四駆ブームのときに子どもであった人が大人になり、楽しく過ごした4WDとの思い出を再現すべく、またキャンプブームもあって、SUVに乗る人が多くなってきたのが近年のSUVブームだと言われています。

昔に比べると都心部に人口が多くなってきたこともあり、
現代の「SUV」は、都会でも乗れて、アウトドアにも使えるSUV
こういった車に人気が集まってきています。

昔の四駆ブーム(RVブーム)の時のようなゴリゴリの4WDではなく、
スタイリッシュな4WDが増えてきています。

スバルには「アウトバック」「フォレスター」といったSUVがありますが、
女性の方であれば大きすぎると感じる方もいるはず。

そこで登場したのが「スバル XV」です。

しー

2010年にスバル XVが誕生以来、
ずっとディーラーで整備に携わってきました。

そんなわたしが、スバル XVの歴史について徹底解説します。

これからスバル XVを購入する予定の人には役に立つ記事になっていますので、
ぜひ最後までご覧ください。

本記事のテーマ

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】

【どんな車?】スバル XVの歴史について

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】

3代目インプレッサ(GH系)の派生車種としてデビュー。
正式にいうと「インプレッサ XV」という名前でした。

主な装備やスペックなどは、歴史的に見てもインプレッサに準じており、
インプレッサの良さとSUVの良さを融合させたモデルとなっています。

わかりやすくまとめると、都市部に合うよう洗練され、
走りもスポーティなSUVモデルということになります。

ここからはスバル XVについて簡単にご紹介。

オシャレなスバル車

都市部でもアウトドアでも大活躍するスバル XV。

スバル XVのターゲット層は女性ユーザーにも焦点をおいているので、
カラーバリエーションがとても豊富です。

デザインに関しても、「街の中でこそ映える使いやすいSUV」としてデザインはスポーティー。

ですが、先進的な上半身に仕上げられており、逆に下半身はSUVらしい力強い印象となっています。良い意味でのアンバランスに演出することで、スポカジ感を際立たせています。

現代に合ったちょうどいいクルマ

アウトドアをガッツリ楽しみたい人は、フォレスターが良いと思いますが、
若い女性や、30〜40代の子育てママさんからするとちょっとサイズが大きくて、
運転しづらいイメージがありますよね。

スバル XVは、アウトバックやフォレスターの走破性も兼ね備えつつ、
インプレッサのコンパクトさを併せもった、まさに「良いとこ取り」のクルマです。

普段は通勤用で、週末は家族でアウトドアを楽しむような使い方の人に向いています。

「伝統のAWD」×「コンパクト」×「クロスオーバー」という器用さがポイントで、
多様な生活が増えてきた現代人にとっては、ちょうど良いクルマなんです。

長く使えるファミリーカー

子育て世代=ミニバンを選ぶって感じですよね。
筆者も子育て世代なのでミニバンがあれば利便性は格段に上がるのはわかります。

もうすぐ小学2年生になる息子がいますが、
チャイルドシートを使わずに済むほどの年齢になると、
ミニバンの利便性の高さに魅力を感じるようになってきます。

ミニバンは「乗る人」にとっては最高の車です。
高い天井と広い車内は、最高の居住性を演出してくれます。

後部座席から見える風景は、運転席から見るそれとは全く違ったパノラマの景色。
車高の高さからは、見通しの良さからの安心感と他の車を見下ろせる優越感を得られます。

広々とした後部座席で、思いっきり足を延ばして過ごすドライブは、さぞかし快適なことです。
ミニバンを乗っていれば、家族からの評価もすこぶる高いでしょう。

しかし、その快適さは「乗る人」だけのもの。
運転する人にとったら「デカいし、不安定だし、疲れる」と感じる人も少なくないと思います。

利便性の高いミニバンは、子育て卒業すると果たして必要でしょうか?

スバル XVであれば、ミニバンほどの利便性は無いです。

ですが、子育てにも対応できる装備は十分ありますし、スバルはドライバーの感覚を大事にしているメーカーなので、子育てが終わってからでも長く愛用することができます。

スバル XV「フルモデルチェンジの振り返り」

ここまでスバル XVに関して、簡単に書きましたが、
ここからは、フルモデルチェンジごとにどう変わっていったのかを振り返ります。

【2010年デビュー】初代スバル XV(GH系)

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】【2010年デビュー】初代スバル XV(GH系)
出典:モータ

3代目インプレッサ(GH系)の派生車種としてデビュー。
正式にいうと「インプレッサ XV」という名前でした。

同時期に、日産「ジューク」の発売もあり個性的なコンパクトSUVが注目された年です。

他メーカーからも続々とSUVが市場に投入され、
この頃から「SUVブーム」が本格的に始まったと思われます。

3代目インプレッサ(GH系)のNAモデルをベースにしておりますので、
エンジンは「1.5NA」と「2.0NA」の2モデルがありました。

トランスミッションは5速ATが基本ですが、
「1.5NA」モデルに関しては5速MTの設定があり、
XVでは最初で最後のマニュアルモデルです。

外観デザインは、ワイドなホイールアーチを装着して、フロントバンパーからボディサイド、リアまわりまでブラックのパーツを連続させています。外観に引き締まりがありますね。

大型ルーフレールとルーフスポイラーが装着、専用のダーク塗装のホイールでSUVらしさを演出しています。足回りにはリヤスタビライザーを装着し、走行安定性をアップ。

ただ、売れ行きは他社のコンパクトSUVに比べると伸び悩んでおり、デザインを変更してもどうしても「インプレッサ感」が残っていて特別感に劣っていました。

今では街中でもあまりお目にかかれないレアな「XV」です。

【2012年デビュー】2代目スバル XV(GP系)

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】【2012年デビュー】2代目スバル XV(GP系)
エンジン型式FB20FB20-MA1
最高出力150ps(110kW)/6200rpm150ps(110kW)/6000rpm
最大トルク20.0kg・m(196N・m)/4200rpm20.0kg・m(196N・m)/4200rpm
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ水平対向4気筒DOHC16バルブ+モーター
総排気量1995cc1995cc
内径×行程84.0mm×90.0mm84.0mm×90.0mm
圧縮比10.510.8
過給機なしなし
燃料供給装置EGI(電子制御燃料噴射装置)EGI(電子制御燃料噴射装置)
燃料タンク容量60L52L
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン

以前の「インプレッサ XV」から「スバル XV 」となり、カタログから独立した車種として誕生しました。

エンジンは3代目フォレスター(SH系)後期から搭載された新型エンジンである「FB20」を改良して搭載。トランスミッションは新型リニアトロニックCVT「TR580」を搭載します。そして、アイサイトが搭載されました。

初代に比べて、車高も高くなり、デザインもよりSUVらしさが出ています。ボディカラーも豊富になり、幅広い客層から人気がありましたし、この頃からスバルユーザーがかなり増えた印象でした。

2013年にはハイブリッドが追加されました。JC08モード燃費は20km/Lとあまりパッとしませんが、2.0ℓ水平対向エンジンは高回転指向のエンジンだった為、電動モーターのアシストで発進時の加速感を改善。低速域でのトルク補助に貢献ができました。

ハイブリッドは19馬力のモーター追加されており、
低速から高速まで余裕の走りを発揮してくれます。

後期型になると、アイサイトver.3に進化。足回りやボディ剛性の改良、レヴォーグにもあったメーカーオプションのアドバンスドセーフティパッケージ追加など、スポーティさと安全面の大幅な改良が行われます。

さらにスバルのモータースポーツ部門を担うSTIがチューニングを手がけた「スバル XVハイブリッドtS」を販売。

ハイブリッド、SUV、走りの楽しさという3要素を併せ持つ欲張りな仕上がりとなっています。

2代目スバル XVで多くのユーザーが増えたことにより、現場ではより多くの要望が増えたことと、ユーザーからの強い要望により、メーカー側から出向で調査することも多かった車でした。

CVTのバリエーターチェーンの音やリダクションギヤの音が低速時に気になるという要望で、快適性に対する対応策で苦しめられたのは辛い思い出です。

前期型では相変わらずオイル漏れ、ドアミラーやパワーウィンドウ不良、アイドリングストップ関連の故障、足回り関連のパーツの貧弱さ、エアコン不良など、XVもまだまだ発展途上だった印象でした。

【2017年デビュー】3代目スバル XV(GT系)

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】【2017年デビュー】3代目スバル XV(GT系)
エンジン型式FB16FB20
最高出力115ps(85kW)/6200rpm154ps(113kW)/6000rpm
最大トルク15.1kg・m(148N・m)/3600rpm20.0kg・m(196N・m)/4000rpm
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ水平対向4気筒DOHC16バルブ
総排気量1599cc1995cc
内径×行程78.8mm×82.0mm84.0mm×90.0mm
圧縮比11.012.5
過給機なしなし
燃料供給装置EGI(電子制御燃料噴射装置)EGI(電子制御燃料噴射装置)
燃料タンク容量63L63L
使用燃料無鉛レギュラーガソリン無鉛レギュラーガソリン
エンジン型式FB20-MA1
最高出力145ps(107kW)/6000rpm
最大トルク19.2kg・m(188N・m)/4000rpm
種類水平対向4気筒DOHC16バルブ+モーター
総排気量1995cc
内径×行程84.0mm×90.0mm
圧縮比12.5
過給機なし
燃料供給装置筒内直接燃料噴射装置
燃料タンク容量48L
使用燃料無鉛レギュラーガソリン

エクステリアデザインのコンセプトは変わらず、スバル共通のデザインである「DYNAMIC × SOLID」を採用。より現代的に洗練されました。

安全性のさらなる進化で、全グレードにアイサイトver.3採用と歩行者エアバックが標準装備。

(現在は全車種アイサイトツーリングアシスト標準装備)

エンジンは「直噴2.0ℓNA」と直噴化され、燃費向上と実用回転域でのトルク向上に貢献しています。要望の多かった「1.6ℓNA」、ハイブリッドシステムは名前を変えて「e-BOXER」として追加されます。エンジンの構造は大きく変更はありませんが、パーツが大幅に改良されました。

樹脂パーツを採用するなどの細かな軽量化が見られます。

(マイナーチェンジにより「直噴2.0ℓNA」は現在廃止になってます。)

高剛性プラットフォームである「SGP」を採用し、
乗り心地と走行性能の両立が図られています。

2代目スバル XVに比べて、車内にゆとりがあったり、
トランクルームが広くなっているのは「SGP」の恩恵です。

初期型に関しては、エンジン、ブレーキ関連のリコールがあり改善がありました。それ以外に関しては2代目スバル XVにあった弱点が改善されており、フォレスターにも採用されている「X-MODE」も搭載され、悪路走行性能もアップし、クロスオーバーSUVとして熟成されてきています。

約10年前のスバル国内販売台数の30%は「レガシィ」でしたが、現在は「フォレスター」が30%、次いで「スバル XV」が23%とスバルの看板商品といっても過言ではないほどまでになりました。

【2020年デビュー】3代目スバル XV「E型」

スバル新型XVは、同じく改良される「インプレッサ」とあわせ、
2020年10月8日に発表されました。

主な変更点はこちら。

  • 「Advance」グレードの内装を統一し、ブラックを廃止
  • フロントビューカメラをオプション設定
  • 燃費はWLTCモード値に対応
  • フロントエクステリアに新しいデザインを採用
  • 新色「プラズマイエロー」
  • 足回りをインプレッサよりに仕様変更→しなやかに
  • e-BOXERの変速制御変更→よりスムーズに

インテリアやエクステリアは、より先進的に。
そして、北米新型アウトバックを踏襲したデザインになってます。

カラーバリエーションがさらに豊富になっており、自分好みの色を選択できます。

燃費がWLTCモードでの表記になるので、
他の車種と比較しやすくなるのが嬉しいポイント。

走りに関しては、乗り心地に関わるところに若干の変更があります。

前期型のサスペンションは、道路の維ぎ目等でのゴツゴツ感が気になっていましたが、後期型からは、動き出しからしなやかでスムーズに動くことを意識しており、前期型のフロントサスペンションにこれに類する改善点を見出していたものと思われます。

e-BOXERに関しては、アダプティブ変速制御「e-Active Shift Control」が導入されています。

これは簡単に言うと、「S」モード時でのスポーツ走行時の不用意な回転数低下を抑えつつ、より積極的な加速を実現するものです。

高速走行時の快適性・運転負荷軽減に付与してくるものです。

【補足】フォレスターとXVで悩んでいる人へ

「フォレスターとスバル XVどちらかで悩んでいる」こういった人多いですよね。
細かなコトは抜きにしてザックリと選び方を解説します。

この2台を悩まれる人は、アウトドアな趣味が多い人と思います。

個人的にアウトドア系の人は、趣味が多いと思います。
私もキャンプやスノーボードなどを趣味にしていますが、やっぱりモノが増えてきますよね。

経験上、キャンプが趣味の場合は、必ずモノが増えます。

フォレスターのトランクルームは500ℓ。
スバル XVのトランクルームは385ℓです。

モノが増えれば、ルーフボックスをつければ良いじゃんと思いますが、余計に出費になるのと、洗車がしにくかったり、走行中に風切り音が気になったり、車重が重くなって走行安定性能にも関わってきたりと、デメリットが多いのであまりオススメしません。

フォレスターのリヤゲートは重くて女性の方だと開閉が大変かもしれませんが、
メーカーオプションでパワーリヤゲートを選択できるのでカバーできます。

フォレスター向けの人
  • 多趣味な人。
  • キャンプにハマっている人。
  • 大人数でよくキャンプに行かれる人
スバル XV向けの人
  • 趣味はあまりないが、キャンプが趣味の人
  • ソロキャンプが多い人
  • 女性の人で、普段はコンパクトに使いたい人

よりアウトドア路線に個性を出したければ、フォレスター。
そこまでではないのであれば、スバル XVが個人的にオススメです。

スバルの優等生「スバル XV」

【どんな車?】スバル XVの歴史について【現役社員が徹底解説】スバルの優等生「スバル XV」

2020年後半、新型レヴォーグの華々しいデビューの影になってしまっているここ最近のスバル XVですが、先代GP系とは、比べ物にならないほどの飛躍的進化を遂げています。メーカー側も手を抜いていません。

確かにデビューから数年経ち、飛び道具が少ないのか、話題に乏しいのか、注目度が少し落ちているようにも感じてはいます。

中盤でも書きましたが、スバル XVは、「伝統のAWD」×「コンパクト」×「クロスオーバー」という器用さがポイントで、多様な生活が増えてきた現代人にとっては、ちょうど良いクルマなんです。

スバルラインナップ中で、もっとも高いコストパーフォーマンスを持っています。
この価格帯で、これだけのクオリティを備えている車種は、そうそうありません。

この記事を読み終えた人は、ぜひ近くのディーラーでその魅力を感じてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です