>>【永久保存版】CB18|スバル新型水平対向エンジン完全ガイド【現役社員が徹底解説】

【スバルディーラー版】新車値引き交渉術【現役社員が解説】

comparison
ディーラーで安く車を買いたい人

スバルディーラーでうまく交渉して、車を安く手に入れたい!

ディーラーで安く車を買いたい人

値引き交渉するうえでのコツを知りたい!

新車を買いにディーラー行こうと思った時は、こういった悩みありますよね。

特にスバルで人気車種である、「フォレスター」「スバル XV」の価格は低グレードでも200万円後半からになります。

決して安い買い物ではないので、誰しもが大幅な値引きを狙ってお得に購入したいところです。

そこで今回は、現役社員である筆者が、スバルディーラーで新車を購入する上での値引き交渉術を解説します。

本記事のテーマ

【スバルディーラー版】新車値引き交渉術【現役社員が解説】

スバルディーラーに限らずとも、他ディーラーで新車を買う上での知識として役に立ちます。

この記事を読むことで、最大限の値引きを引き出すことができるコツが掴めるはずです。

しー

こんにちは。しーです。私はディーラーで働く自動車整備士ですが、営業マンたちとの会話で得た知識をみなさんに展開したいと思います。

スバルディーラーの新車値引き交渉術|事前学習

the-study

早速ですが、最近のスバルディーラーは値引きが渋いです。

ツイッターを見ていても、「スバルは値引きが渋い」という意見が多いです。

んー。値引きが渋いのかー。

じゃあ他のメーカーの車にするか。

ちょっと待って下さい。スバル車は安定感のある走りと高い安全性、そして伝統のしっかりとした4WD性能があり、他にもたくさん魅力が詰まっています。

しっかりとした「値引き交渉する前の準備」と「実質値引きにする為のテクニック」さえ押さえれば、ディーラーで車を安く手に入れることができます。

値引き目標額をしっかりと明確にすること

great-value

ディーラーからの値引きを最大限引き出すには、まず最初に目標の値引き額を決めることが大切です。

希望している値引き額をしっかりと営業マンに伝えることで、それが目安になります。営業サイドからするとわかりやすいですよね。

その希望する値引き額になるように店長と営業マンが頑張ろうとしてくれます。

ですが、初回から値引きを強く要求したり、無理を言うと営業マンはドン引きです。

なので一般的な値引きの相場はしっかりリサーチしておきましょう。

個人的には最大25万円の値引きを狙いたいところです。発売されてから数年経ってくると値引き額が上がってくる傾向にあります。

競合車種との相見積もりを準備する

新車を購入するうえでかなり有効なのは「相見積り」です。

重要なのは、「競合車種」です。

  • フォレスターの競合車種→トヨタRAV4、マツダCX-5、日産エクストレイル…
  • スバル XVの競合車種→トヨタC-HR、ホンダヴェゼル、マツダCX-3…
  • インプレッサ→の競合車種→トヨタカローラスポーツ、マツダ3、ホンダシビック…

全く関係のない車種で相見積もりを取っても比較にならず、交渉に使えません。

競合車種の値引き額と比較しながら商談するコトで、大幅な値引きを狙える可能性が高くなります。

ちなみに、見積もりを比較する際は車の実質的な購入額で比較してください。値引き額がいくらなのかはっきりさせることが大切。

他のディーラーに足を運ばなければならないので手間ですが、これぐらいは誰でもできるコトなので、しっかりと「競合車種の見積り」は準備しておきましょう。

「セール時期」「決算期」が狙い目

phase-estimate

ディーラーの「セール時期」や「決算期」を狙うというのも、値引きには有効。

セール時期はボーナス月である7月と12月。

決算期は年度中ばの9月と年度末の3月であることが多いです。特にディーラーにとって大きな影響がある、3月の年度末決算の時期が最も買い時といえるでしょう。

メーカー100%出資会社のディーラーには、メーカー側より販売ノルマが課せられいるので、そのノルマ達成のために年度末は勝負です。

決算の3月は各社が少しでも多く車を売りたい時期なので、多少値引きをしてでも車を売ろうとしてきます。

この時期はディーラーでも社外秘の特別な値引きキャンペーンを実施していて、通常時期よりも特別な値引きが出やすくなります。

なので、年明けからしっかり準備をしておきましょう。次年度の4月からは通常の値引きになると思われます。

「いい人だから値引きしてあげたい。」と営業マンに思わせる

good-person

値引きのコトばかり言うと、印象が悪いのでいい人を装って下さい。

いいお客さんから買ってもらった方が、今後の付き合いがしやすいですし、点検の呼び込みや提案もやりやすいです。

「このお客さんから買ってもらいたい!」「このお客さんは良い人だからお得に車を買ってもらいたい!」と営業マンに思わせれるような良い人を演じて下さい。

営業マンも同じ人です。

好印象を持ってもらえる人になりきりましょう。そういった人には、多少無理な注文でも頑張ってもらえるかもです。

(参考)具体的な値引き交渉の流れ

procedure

初回来店から成約までの流れを解説します。

まず初回来店でやるべきコトはこちらの通り

  • ショールームにある展示車を実際に目で見て確認
  • 実際に試乗して体感する
  • 欲しいグレードを明確化する
  • 見積書をもらう
  • 査定してもらう
  • 今後のメンテナンスを考え、メカニックや工場の雰囲気を確認する

①初回来店では、ガツガツいかない

上記で書いたとおり、最初はいい人を演じましょう。

初回から値引きを強く要求したり、無理を言うと営業マンはドン引きです。

しー

車に関するコトを中心にトークしましょう。

話が進むにつれて、具体的な予算について聞かれると思いますが、「安い」「高い」「そんなじゃ無理」などは言わないようにしましょう。

この段階では金額についてガツガツいくのは営業マンにマイナスポイントです。

ちなみにローンを利用する場合は早めに伝えておきます。

②他メーカーも気になっているコトをアピール

他メーカーの競合車種と悩んでいるコトをさりげなく伝えます。上記で書いた「相見積もり」を提示するのも効果的です。

燃費の面では〇〇も気になるし、走行性能では△△も気になっている。でも、フォレスターの走破性も魅力的なんです。

そして自分の本命の車は何なのか、濁しておきます。

本当はフォレスターが良いのだけど、妻が金額的に反対しているんだよね。

ここはさりげなく伝えておきましょう。

ここから金額の話になると思いますので、「下取り価格」や「値引き価格」は口頭での口約束ではなく、しっかり見積書に記載してもらいましょう。

ここでいったん退散します。

③2回目の来店で勝負にでる

battle

ここからは勝負にでます。

ちなみに2回目の来店に行くまえに以下のコトは頭に入れておいて下さい。

  • ローンを利用したほうがディーラーに手数料が入るので、値引きは上乗せされやすい。
  • ローンの金利キャンペーン(現在なら1%~2%台が狙い目)がある時に契約する。

ここでの商談は、お店が忙しくなる土日は避けて、平日の日中に予約をするのがオススメです。(ディーラーも余裕をもって商談できて、大幅な値引きを狙いやすいかも)

ここからは粘り強く、条件を絞り出していきます。

店長決済の値引きで、総額〇〇〇万円なら買います!

現金支払い総額が△△万円なら契約します!

この2つは言って下さい。

そして、さらにこちらを要望していきます。

  • 好きなオプションをサービスしてくれたら契約する。(コーティングなど)
  • 登録手数料のサービス、もしくは半額の要求
  • 納車時にガゾリン満タンの要求

できるコトはやっておきましょう。

さらにお得に買う㊙︎テクニック

とはいえ、スバルの値引きはそう簡単にはいかないかもしれません。

なので、さらに知っておくべきテクニックをまとめます。

隣県のスバルディーラーと競合させる

店舗一覧|名古屋スバル自動車
nagoya-subaru.co.jp

県は違えど同じスバルディーラーのように見えますが、販売会社は違います。

もし余裕があれば、違う県で見積りをとって競合させるのも有効です。

ですが、1県で1ディーラーのイメージですが、近畿スバルグループのように1府3県で同じディーラーのようなパターンもありますので注意です。

店舗が違えど、母体が同じ販売会社だと値引き価格は一緒になるでしょう。

値引きが渋ければ、愛車を高く売ろう

ディーラーの下取りは99%損をすると言われます。

ディーラーは売却と購入が一回でできるので便利なのですが、高く売るコトはまずできません。

それは何故なのかはこちらの通り

  • ディーラー下取りは「値引き」として車を引き取っている
  • 再販ルートがない
  • ディーラー下取り査定は厳しいマニュアルに従っている

ディーラーは、飽くまでもサービスの一環として下取りを行っています。そのため赤字にならないように、買取価格を抑えてきます。

再販ルートは、「ネットオークション」「自社で販売する」「海外へ輸出」するのは主な方法ですが、下取りに関しては、ディーラー扱いとなるため、その後は系列店で販売するしか方法がありません。

つまり再販するためのルートが少ないので、相場以上に買取をしても利益を出せないのです。

そして自社の厳しいマニュアルに沿って査定が行われるので、純正品のパーツであれば評価されても、社外品の有益なパーツなどは評価されにくいのがデメリットです。

なので、再販ルートが多く、高値で車を売るならオークション買取がオススメです。

私の立場上言うのもあれですが、ディーラーのあの安すぎる査定は本当になんとかならないのか疑問です。

まとめ:しっかりとした知識で誰よりも安く手に入れよう

happy

いかがだったでしょうか。

ディーラーで単純に値引き交渉するまえに、しっかりと準備しておきましょう

そして、値引きばかりに頼らずに、今乗っている愛車を高く売ると言うコトもポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
メカニック歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい