>>【販売台数No.1】スバル XVが初心者にオススメな理由【現役社員が徹底解説】

エアコンの臭いが消えない?エアコンフィルターだけが原因ではない【エバポレータークリーナーで洗浄しよう】

smell-of-air-conditioner-does-not-disappear-image
しー

こんにちは。しーです。車のエアコンの臭いは実はエアコンフィルターだけではないのです。

さっそくですが、エバポレーターという部品はご存知でしょうか?エアコンの臭いが気になるのであればエバポレーターが臭いの原因になっている可能性があります。

車のエアコンの風の流れやエバポレーターについては前回の記事で触れていますので、ぜひご覧ください。

今回はエバポレータークリーナーを実際に使って洗浄し、レビューしていきます。

エアコンの臭いが気になる人

エアコンフィルター交換したけど臭いが消えない。

エアコンの臭いが消えなくて悩まれている方はいませんか?この記事では、エアコンフィルターを交換するだけではなくて、エバポレーターを洗浄し、臭いを解消する方法をご紹介します。

私は自動車整備士歴10年目です。エアコンフィルターの交換作業はもちろんのこと、エアコンの臭いが気になる方へのアドバイスもたくさんしてきました。普段の業務では、エアコンフィルター交換とエバポレータークリーニングもセットでおすすめさせて頂いております。

この記事を最後まで読むコトで

「エアコンの臭いが消えない」「エバポレータークリーナーの使い方がわからない」

こういった疑問にお答えできます。

では、見ていきましょう。

エアコンの臭いが消えない原因

おさらいにはなりますが、エアコンの風の流れとして、

エアコンフィルター→ブロアファン(車内専用の扇風機)→エバポレーター→吹き出し口

なので、エアコンフィルターを交換しただけでは臭いはとれません。最終的に風が当たるのはエバポレーターなのでここを綺麗にするコトが重要となり、エバポレーターを綺麗に保つコトで車内の空気はかなり変わってきます。

エバポレーターは使用する過程で必ず水滴発生します。水滴がついたまま放置しておくと、当然カビや雑菌が繁殖します。また、ホコリや花粉などの汚れもどんどん蓄積していくのです。

日本は多湿状態の国です。夏はかなり蒸し暑くなります。

車種によって若干異なりますが、多くの場合、ダッシュボードの奥の下の方にエバポレーターが取り付けられていますので、暗く風通しが悪い場所。ここはカビの温床となりやすい条件が揃っています。

そんな状態なのに、なにもメンテナンスもしないでいたら、カビや雑菌が大量発生しても、全く不思議ではありませんね。

エバポレーターを取り外して洗浄すれば確実ではありますが、取り外そうと思うとかなり大変な作業となります。車種によっては、ダッシュボードを脱着しないといけません。

ここで便利なのが、エアコンフィルターが装着しているところからブロアファンの風を利用して洗浄する方法。エバポレータークリーナーを使った方法です。

エバポレータークリーナー

スペック

今回使用するのは、超定番商品DRIVE JOY(ドライブジョイ) クイックエバポレータークリーナーS です。

この商品はト●タディーラーのエバポレーター洗浄作業でも実際に使用されている信頼性抜群のエアバポレータークリーナーです。

[itemlink post_id=”398″]

作業方法が細かく記載されている説明書付き。

さらにグローブボックスの裏側に貼り付けられる脱臭剤も入ってますので便利です。

作業準備

同封されているホースを本体の奥まで挿入します。挿入が甘いとレバーを押した時に液剤の勢いで抜けてしまいますので注意です。

エアコンフィルターを取り外して同封されているブラケット?を貼り付けます。穴にホースを通したら準備完了です。

エアコンフィルターの取り外し方法は前回解説しましたので参考にして下さい。

作業手順

エンジンを始動して、エアコンを設定します。

吹き出し口のシャッターは全開にして下さい。

•エアコンスイッチ:OFF

•エアコン温度:Max Cold

•吹き出し口:ベント(顔に当たっている絵)

•風量:Max

•内気循環

この状態で、ブロアファンの中心部に噴射していきましょう。

ブロアファンは下側にあります。

噴射が終わるとエアコンスイッチをONにして5分間放置です。

その間にエアコンフィルターを元に戻して、グローブボックスの裏側に脱臭剤を貼り付けます。

5分過ぎたらグローブボックスも元に戻して作業完了です。お疲れ様でした。

その後エアコンを使用した感想

car-meter

作業した車両は走行距離10万kmのラパンです。今までエアコンフィルターを一度も交換していない車両です(笑)もちろんエバポレーター洗浄も初めて。

当然いろんな臭いが吹き出し口からしておりました。

作業直後は、薬品の臭いがありましたが次第にとれてきて無臭になり、運転手も大満足でした。

エバポレータークリーナーの特徴

デメリット

①相当古い車両にはオススメしない

私の過去の経験ですが、20年ぐらい前の車両でエバポレータークリーナーをブロアファンに直接吹きかけるコトによりブロアファンが故障したケースがありました。相当古い車両の場合、ブロアファンモーターが劣化している可能性があるので使用を控えた方が無難です。

②エアコンフィルターを取りはずさないとできない

エアコンの吹き出し口からホースを挿入するクリーナーに比べると若干手間ではあります。

メリット

①ディーラーでも取り扱っているので信頼性抜群

プロの現場でも使用されているので、信頼性があります。

②脱臭剤も付属

エバポレーターの洗浄だけではなく、臭い対策に関しても安心です。

③エバポレーターを取り外さなくていい

エバポレーターを取りはずそうと思うとかなり大変な作業となります。プロに任せないとできないレベルです。

エバポレータークリーナーは作業すべき?

個人的にはかなり効果あったのでやるべきだと思います。

ただ、エアコンフィルターを外すのがどうしても面倒なのであればプロにやってもらいましょう。

エバポレータークリーナーをディーラーで作業すると工賃込みで5000円前後すると思います。

とはいえ、エアコンフィルター交換はそこまで難しくないですよ。最近の車であれば、グローブボックスさえ外せばいいだけですからね。

ネットでエバポレータークリーナーを買って、自分でやれば3000円ほどで済みます。

まとめ

いかがだったでしょうか?この記事では、

①エアコンの臭いが消えない原因について

②エバポレータークリーナーについて

③エバポレータークリーナーの使用方法について

④エバポレータークリーナーの特徴について

こういったテーマで書きました。

エアコンフィルターさえ交換すれば良いと思っている方が多いですが、エバポレーターを綺麗に保つコトが大事です。

ぜひ一度、エバポレータークリーナー試してみて下さい。

[itemlink post_id=”398″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
自動車整備士歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい