新型BRZ/86がカッコいいという話|デザインや性能、国内の反応について解説

新型BRZ/86がカッコいいという話|デザインや性能、国内の反応について解説

新型BRZ/86ってカッコいいよねー。デザイン以外も気になる…。

2020年11月18日に北米で世界初公開されたスバル新型「BRZ」。

そして国内モデルも2021年4月5日に公開されました。

初代BRZがデビューしてから早くも10年が経過。

10年販売され続けたBRZが、今回フルモデルチェンジになるわけですが、これって当たり前のようでスゴイことなんです。

人気が出なかったり、時代にそぐわなかったクルマは、廃盤になっていくクルマ業界で、BRZはデビューからずっと安定した人気があり、数多くのクルマファンにその性能とデザインが認められました。

そして、2021年にこれまで築き上げてきた「BRZ/86」というものが、さらにさらに進化します。

初公開で大きな反響を集めた新型BRZですが、これまで数多くのBRZの整備に関わってきたわたしが気になったのは「性能」。もそうなんですが、やはりクルマの第一印象である「デザイン」が凄くカッコいいなぁと思いました。

この記事は、現役ディーラーマンであるわたしが、新型BRZ/86のデザインや現段階の国内での反応性能について少し解説していきます。

※2021年4月発表時点での情報です。

>>引用:トヨタ公式サイト
>>引用:スバル公式サイト

本記事のテーマ

新型BRZがカッコいいという話|デザインや性能、国内の反応について解説

新型BRZ/86がカッコいいって話

まず、クルマを知る上でもっとも大事なのは車名のコンセプトを知ること。

本や資料でいうところの、「この本では〜」みたいなところです。

BRZのモデル名は、”Boxer engine””Rear wheel drive””Zenith”の頭文字に由来しており、水平対向エンジンの特徴である低重心を生かした究極の後輪駆動車を目指して開発されています。

そのコンセプトは初代も新型も変わりません。

ここからは、新型BRZ/86について比較しながらそれぞれ解説します。

【BRZ/86の比較】デザインについて

自社の製品を「めちゃくちゃカッコいいやん!」ってベタ褒めするというのはあまり無かったりします。

毎日仕事で見ますからね。

ただ、今回の新型BRZ/86のデザインに関しては、本当に良いと思いました。

さずがトヨタ企画のスポーツカテゴリー。

スープラに寄せにいっている感じとRX-8、ポルシェ感も匂わせています。

スポーツカー好きに受け入れられる要素が全体的に散りばめられていてめちゃカッコいいです。

現在発表されている新型BRZ/86のデザインについて、主な仕様の違いを以下にまとめました。

※グレードはまだ不明

箇所新型86新型BRZ
アルミホイールマットブラックマットダークグレー
タイヤ215/40R18
ミシュラン
パイロットスポーツ
215/40R18
ミシュラン
パイロットスポーツ
フロントバンパー
ヘッドライトガーニッシュ
専用専用
リヤエンブレムトヨタエンブレム
GR86エンブレム
スバルエンブレム
BRZエンブレム
ドアミラーカバーグロスブラック塗装ボディカラー同調
プライバシーガラス(リヤ)
シート本革
ウルトラスエード
本革
ウルトラスエード
ハンドルトヨタエンブレム
GRエンブレム付き
高触感革巻き
スバルエンブレム
高触感革巻き
液晶メーター演出専用専用
ドアトリムレッド調レザーブラック調レザー
フロアカーペットレッドブラック
内装ステッチレッドブラック
ドアスイッチ周りブラック塗装シルバーメッキ塗装
インナーハンドルブラックメッキ

外装に関しては、先代と同じで違いが多く見られますが、内装の違いはごくわずか。

細かいパーツのカラーに違いがあるもののほぼ同じ仕様と思っていいんじゃないかと思います。

補足ですが、タイヤサイズは同じなのですが、初代BRZ/86ではプリウスが採用していたエコタイヤであるミシュラン・プライマシーHPを使っていたのに対して、新型ではよりハイグリップなパイロットスポーツ4に変更されています。

【BRZ/86の比較】性能について

新型BRZと86の性能に関して、先代のBRZ/86に比べると大きな差があると現時点では言われています。

エンジンやステアリング制御、足回りのセッティングがトヨタとスバルで独自のチューニングがされているそうです。

細かなセッティングに関してまだ不明です。
市場投入まで楽しみに待ちましょう。

ちなみに主なスペックについて、先代と比較してみます。

こちらの通り。

スペック新型BRZ/86初代BRZ/86
全長4265mm4240mm
全幅1775mm1775mm
全高1310mm1320mm
ホイールベース2575mm2570mm
最低地上高130mm130mm
車両重量(6MT)1270kg1250kg
エンジン水平対向4気筒DOHC水平対向4気筒DOHC
エンジン型式FA24FA20
排気量2387cc1998cc
ボア×ストローク94.0×86.0mm86.0×86.0mm
圧縮比12.512.5
燃料供給筒内噴射+ポート噴射
(D-4S)
筒内噴射+ポート噴射
(D-4S)
最高出力235ps/7000rpm207ps/7000rpm
最大トルク250Nm/3700rpm212Nm/7000rpm
燃料タンク50L50L
フロント
サスペンション
マクファーソン式
ストラット
マクファーソン式
ストラット
リヤ
サスペンション
ダブルウィッシュボーン式ダブルウィッシュボーン式
ブレーキベンチレーテッド
ディスクブレーキ
ベンチレーテッド
ディスクブレーキ
アイサイト搭載○(ATのみ)×

ボディサイズをスペック上で比較してみると、全長×全幅×全高は、新型4,265×1,775×1,310mm、初代は4,240×1,775×1,320mmで、全長は25mm伸びて、全幅は変わらず、全高は10mm低くなっています。

ホイールベースは、新型が2,575mmで、初代は2,570mm。ほぼ変わらないですね。

新型BRZ/86は、究極のFRスポーツとして動力性能を強化。

初代BRZ/86から排気量を拡大した水平対向4気筒DOHC「FA24」は、吸排気性能の強化とフリクション低減で最高出力と最大トルクが大幅に強化されました。

BRZ/86の特徴である「レスポンスの良さ」と「滑らかに高回転まで吹ける」というポイントがフィーリングを含め、大幅強化されています。

また、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の開発から得た知見を新型BRZ/86にも取り入れられており、インナーフレーム構造や構造用接着剤などの採用により先代からのボディを再構築。

初代からフロント曲げ剛性が約60%、ねじり剛性が約50%向上しています。

また新型BRZ/86では、スポーツカーだからこそ安心と安全への付加価値にも磨きをかけます。

AT車には、運転支援システム「アイサイト」を標準装備。プリクラッシュブレーキはもちろんのこと、全車速追従機能付きクルーズコントロールを低重心スポーツカーに採用し、安心して快適なドライブをサポートしてくれます。

発表後の写真を見る感じだと、「アイサイトver3」を改良したシステムを搭載すると思われます。

ネットでの反応

新型BRZ/86がカッコいいという話|デザインや性能、国内の反応について解説|ネットでの反応

ここからはネットでの反応を少しご紹介。
賛否ありますが、ポジティブな情報が多めでした。

デザインに関しては、ポルシェ、NSX、RX-8っぽいなどの声が多数ありました。

特にポルシェ風という意見が多かった印象です。

一部ユーザーからは、見た目のシャープさに欠けるといった意見も見られました。

「フロントがちょっとデブっぽい」「もうちょっとスマートにできなかったのか」「前よりずんぐりむっくりしたように感じる」「腰高に見える」など、全体のシルエットに対する意見もかなり多かったですね。

世間ではSUVがまだまだ全盛で、BRZ/86のようなスペシャリティーカーは敬遠されがちですが、スポーツカーファンの想いに寄り添うクルマづくりに拍手を送る人がたくさんいたのも印象的でしたね。

そのほか「アイサイトはMTにもほしい」といった要望や、「300万円くらいかな」と価格に対する書き込みも数多く見られました。

価格については、現時点では発表されていません。

細かなグレードや装備に関してもまだなので、今後の続報にはチェックです。

まとめ

以上。個人的に新型BRZ/86がめちゃカッコいいと思ったので、今ある情報をまとめてみました。

今回の新型BRZは、大きな仕様やコンセプトの変更をせずに、スポーツカーらしく真面目に走る曲がる止まるを正常進化させたという印象を受けました。

このご時世、こんなクルマがフルモデルチェンジして世に出てくると思うと、本当にメーカーさんには感謝しかありません。

めちゃ楽しみですね。

それではこの記事のまとめです。

まとめ
  • デザインはポルシェ風?
  • 内装はBRZと86で大きな違いはなさそう
  • 新型BRZ/86は独自チューニングがある
  • SGPのノウハウで剛性向上
  • ATにアイサイト搭載

こんな感じ。

日本での発売は、2021年夏を予定されています。

2019年9月にトヨタとスバルの間で合意した「新たな業務資本提携」の中で掲げた「もっといいクルマづくりへともに取り組む」ことの具体例がまさに新型BRZ/86であり、これまでの自動車業界における提携の形に捉われない、スバルとトヨタにとっての新たなチャレンジがスタートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です