【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】

  • 高級なiPad Proなだけに頑丈で使いやすいケースが欲しい。
  • Apple pencilもしっかり保護できるケースが欲しい
  • 「OtterBox symmetry series 360 elite case」の実際の使用感が知りたい。

このような意見にお答えします。

先日iPad Pro 11インチ(2020年モデル)を購入しました。

iPadシリーズのケースって、ほんとに星の数ほどあるので、どれを選べば良いのか悩みますよね。

純正のスマートフォリオからアップルのオプション品、中華製まで、幅広い選択肢があるiPadケース選び。

そのまま使うのも良いですが、一番安いモデルでも10万弱もするiPad Proですから、慎重に使いたいですし、PCと違って画面がむき出しになっているタブレットは外出先で使う分には少し気を使います。

かくいうわたしは、自動車整備工場で働いており、iPadでサービスマニュアルを見ながら作業することがあるので、現場仕事でiPadを使う際には落とす危険性もあることから頑丈なものが必要でした。

そこで、今回はアップル公式の純正品である「iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case(パープル)」を購入し、1ヶ月経過しましたので、レビューします。

わたしがiPadケースに求めていたものはこちら

  • 商品としての信頼性があるもの
  • フルカバーなもの
  • Apple pencilも保護できるもの

こんな感じ。

「OtterBox symmetry series 360 elite case」には、これら全てを叶えてくれる、【信頼性】【堅牢性】【安心感】が揃った最強のケースとなっています。

購入して良かったです。

本記事のテーマ

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】

【1ヶ月使用】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case

商品のスペックはこちらの通り。

商品名OtterBox symmetry series 360 elite case
メーカーOtterBox
素材側面:TPU
背面:ポリカーボネート
その他全体:ポリウレタン
重さ246.54g(11インチ用)
ケースハードケース
オートスリープ機能
カラーグレイ、パープル

こんな感じ。

結論としては、重量は重めですが、とにかく「頑丈」。

そして、背面カバーがクリアなので「デザインも楽しめる」

といった感じです。

全方向を保護できるフルカバータイプで、アップル純正のスマートカバーに似た、全体はポリウレタン素材のカバー。

マグネット式の留め具により、カバーを閉じた状態でもしっかり固定されますので、運搬時の画面の保護になります。

オートスリープ機能もあって、カバーを閉じれば自動的にスリープ状態になりますし、スタンド機能もありますので、観賞用、タイピング用、お絵かき用としても使用できます。

デメリット

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|デメリット

OtterBox symmetry series 360 elite caseを1ヶ月使用して感じたデメリットはこちら。

  • 重い
  • Apple pencilがあるとしっかり閉まらない
  • カラーが少ない

こんな感じ。
順番に解説します。

重い

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|重い

人気のあるiPadケースの代表格である、「純正スマートフォリオ」「ESR iPad Pro 11 ケース」と比較して見ます。

Smart Folio(磁気吸着)175g
ESR iPad Pro 11 ケース206g
OtterBox symmetry series 360 elite case246.54g

「純正スマートフォリオ」は、磁気吸着タイプなので薄型・軽量なのが特徴です。

続いて「ESR iPad Pro 11 ケース」のフルカバータイプ(ペンシルホルダーなし)は、「OtterBox symmetry series 360 elite case」とほぼ同じ構造なのに軽いです。

約40gの差ですが、片手で持って作業したり、長時間、外出先で使用したり、運搬する時などはこの重さがネックになってきます。

わたしはそこまで気にはならなかったですが、非力な女性な人、子どもさんが使うとなると疲れるかなぁと思います。

Apple pencilがあるとしっかり閉まらない

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|Apple pencilがあるとしっかり閉まらない

Apple pencilを横に吸着したまま、カバーを閉じた際に少し浮いてしまうんですよね。

なので完全に閉まりきらないんです。

マグネットはしっかり働いてくれるので、閉じてはくれますが、この隙間が少々気になります。

運搬時にApple pencilが落ちてしまったり、バックに入れていると落ちてしまったり、ということは今のところありませんが、精神的に心配になることはあります。

カラーが少ない

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|カラーが少ない

カラーが、グレイとパープル(他のiPadにはブルーもあり)とカラー展開非常に少ないです。

純正スマートフォリオやESRのケースであれば、5色以上のラインナップがある中、OtterBox symmetry series 360 elite caseには2色のみ。

しかも、グレイとパープルという非常にシンプルなラインナップ。

かなり好みが分かれますが、誰しもが一番合わせやすいブラックぐらいはあっても良かったんじゃないかなと思います。

メリット

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|メリット

OtterBox symmetry series 360 elite caseを1ヶ月使用して感じたメリットはこちら。

  • 全米売上No.1の「タフさ」
  • スタンド機能の「沈み込みが少ない」
  • 堅牢性×専用設計×多機能=「最高のケース」

こんな感じ。
順番に解説します。

全米No.1の「タフさ」

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|全米No.1の「タフさ」

そもそも「OtterBox」って聞いたことありますか?

スマホケースを生産している全米NO.1ブランドなんです。

OtterBoxは1998年にアメリカのコロラド州で生まれたガレージブランドで、外出先での思わぬアクシデントから、貴重品を保護するアイテムを製造します。

「大切なものを無くす、壊すといった不安を感じることなく、自由奔放にアウトドアを楽しめるように。」OtterBoxのアイテムにはユーザーを気遣う、デザイナーの願いが込められています。

岩場が多い場所でのアウトドアなど、落とすとデバイスが壊れる危険性が高い環境にも対応することから、アメリカで長く人気を博しています。

外出先で使うことを前提にして開発されているので、そんなOtterBoxのケースは、実はアウトドアにぴったり仕様なんです。

OtterBoxのスマートフォンケースは発売以来、ナショナルジオグラフィックの”Gear of the Year”をはじめ、さまざまな賞に輝いています。

NPDグループの報告(日本はじめ世界23ヶ国で消費者パネル調査)によると、2015年1月から2018年6月時点での調査結果で、OtterBoxは全米で最も売れているスマートフォンケースのブランドでした。

盛衰の激しいiPhoneケース業界で、OtterBoxのケースは長らくトップランナーとして活躍しています。

今では、アップルの公式アクセサリーとして採用されていることから、その信頼性は絶大です。

スタンド機能の「沈み込みが少ない」

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|スタンド機能の「沈み込みが少ない」

OtterBox symmetry series 360 elite caseには、スタンド機能がもちろん搭載されているのですが、オンスクリーンキーボードでのタイピング、Apple pencil使用時の沈み込みが少ないので、非常に扱いやすいです。

これは、堅牢性の高いOtterBoxだからこその安定感だと思います。

沈み込みが激しいiPadケースだと、Appel pencilで書くたびに上下に動いて、書くたびにストレスになるんですよね。

目を落としがちな部分ですが、絵を書いたり、勉強でiPadを活用される人には、非常に重要なポイントだと思います。

堅牢性×専用設計×多機能=「最高のケース」

【頑丈】iPad Pro用 OtterBox symmetry series 360 elite case【1ヶ月レビュー】|堅牢性×専用設計×多機能=「最高のケース」

わたしは今まで10年ぐらいはiphoneとiPadを使ってきており、さまざまなケースを試してきましたが、OtterBox symmetry series 360 elite caseは本当に購入して良かったと思いました。

その堅牢性はもちろんのこと、マイクの位置からスピーカーの位置、Apple pencilの吸着位置までピッタリの専用設計で、音量ボタン、電源ボタンの押し心地まで本当に文句なしです。

プラスαで、スリープ機能、スタンド機能、そして画面の保護までできて、まさに「最高のケース」だと思ってます。

ベタ褒めすぎて、不信感があるかもしれませんが、本当に良い商品です。

デメリットは確かに気になりますが、使っていく内に全然慣れてきます。

「騙されたと思って買って下さい」と心から言えます。

口コミ&評判

ご紹介したツイートは一部ですが、その他にはiPad Airの場合は、「ピッタリと合わない」「安っぽい」などなど厳しい意見も。

ただ、「万が一の時に助かった」などの頑丈さを評価する声も多数ありました。

わたしが感じたデメリットを指摘される声が少なかったのがちょっと意外でしたが、感じ方は人それぞれですね。

全体的には、良い評価が多かった印象です。

まとめ

以上、OtterBox symmetry series 360 elite caseの1ヶ月レビューでした。

最後にまとめです。

まとめ
  • 重たさが気になる
  • Apple pencilがあるとしっかり閉まらない
  • カラーが少ない
  • 世界各国で評価される「堅牢性」
  • アップル公式に認めれる「安心感」
  • スタンド機能での沈み込みが少ない

こんな感じ。

iPad Proの背面・画面・側面をしっかり守れる、頼もしいケース。

側面でApple Pencilを充電しながらでも使えて、Apple Pencilが外れないように固定できるので、紛失の心配も少ない。

純正スマートフォリオと同様に、オートスリープ機能とスタンド機能も備えています。

機能性にも保護性能にもっとも優れた、アウトドア、外出先、現場仕事でも安心して使える「最強ケース」になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です