>>【販売台数No.1】スバル XVが初心者にオススメな理由【現役社員が徹底解説】

アイサイトの操作方法【現役社員が解説】

eye-sight-operation-method-image
しー

こんにちは。しーです。スバルの看板商品でもあるアイサイトについてプロが解説します。

少し前に、スバルは衝突安全装置であるアイサイトで有名でしたね。

ぶつからない車でスバルが有名になったのは、2010年5月に発表された5代目レガシィ(BR9B型)に搭載されたアイサイトver.2です。

前方自動認識させる技術はありましたが、アイサイトver.2から前方の認識能力やアクセル&ブレーキ制御も高精度化。更にたった10万円プラスで搭載する事ができたのでコスパも良いです。

元祖ぶつからない車。スバルのアイサイト使いこなせてますか?

アイサイト操作方法わからない人

アイサイトの操作方法がわからない。説明してもらったけど、忘れた。取扱説明書見ればわかるけど、見るのめんどくさい。

ハンドル周りにたくさんスイッチがあって良くわからないから使ってないとかそんな人いませんよね?ただの自動ブレーキではない。アイサイトは高速道路で超絶発揮されます

この記事では、アイサイトの操作方法に関して現役社員がわかりやすく解説します。

私は、アイサイト搭載車に2年ほど乗っています。仕事でもたくさんのお客様にアドバイスしてきた経験があります。

この記事を最後まで読むコトで「アイサイトの操作方法がわからない」「アイサイトって使いやすいの?」こういった疑問にお答えできます。

使いこなすコトで、高速道路がストレスフリーで走行できます。

では、見ていきましょう。

アイサイトツーリングアシスト

https://www.youtube.com/watch?v=vSduCiIdrVI
アイサイトツーリングアシストのメリット

高速道路走行中は、ほぼ自動運転化できる

渋滞時のアクセル、ブレーキ操作がほぼいらない

アイサイトのカメラで前方の車と車線を認識し、エンジンやトランスミッション、ハンドル、ブレーキ制御などをほぼアシストしてくれます。

・前方の車

・車線

を状況に合わせて認識し制御します。

例えば、前方に車がいない場合や、天候が悪かったり、前方の車がふらついていて認識しづらい場合は車線のみで制御。

そうでない場合は、前方の車と車線で認識しますのでより細かい制御が可能となります。

長距離移動や、旅行で車で移動すときなどはかなり重宝します。

一度使うと、もう他の車には乗れませんw

(私は5時間の移動を休憩なしでアイサイトで運転した事があります。マジです。)

操作方法

①を押してでクルーズコントロールをスタンバイ状態にします。

②を何回か押したらハンドルのマークが点いたり消えたりすると思います。

これは、レーンキープさせるかしないか選択できます。走行中にハンドルをアシストします。

手を離してしばらく運転できますが(やらないで下さい)、しばらくすると警報でハンドルを握るようにアナウンスされます。

作動条件(下記の条件をすべて満たすと作動します)

・自車速約60 km/h~約120 km/hで走行している(車種・年式によって速度範囲は異なります)

・システムが両側の区画線を認識している

・運転者がハンドルを操作している

・車線幅約3 m~4 mの道路を走行している

クルーズコントロールOFF時でも使用できます。

車線からはみ出しそうになると、逸脱を抑制するようステアリング操作をアシストします。

作動条件(下記の条件をすべて満たすと作動します)

・自車速約60 km/h~約120 km/hで走行している(車種・年式によって速度範囲は異なります)

・システムが両側の区画線を認識している

・運転者がハンドルを操作している

・全車速追従機能付クルーズコントロールをセットしていない

・車線幅約3 m~4 mの道路を走行している

eyesight-switch-number

③と④は先行車との車間距離を調整できます。

③は車間距離を詰めます。④は距離を離します。

⑤のレバーを上下どちらかを押せば、クルーズコントロールで走行します。

先行車がいれば、クルーズコントロールをセットした時の速度で追従していきます。

レバーを上げればセット速度を上げて設定できます。下げればセット速度を下げて設定できます。

ステレオカメラが区画線、先行車を認識すると操舵制御が開始されます。

❶レーンキープ表示灯作動中は緑色に点灯します。
※全車速追従機能付クルーズコントロールOFF時は逸脱抑制のみでも緑色に点灯します。

❷区画線表示灯車線情報を制御に使用している場合、青色に点灯します。

❸先行車追従操舵表示灯先行車情報を制御に使用している場合、青色に点灯します。

つまり、①と②の情報を使ってアイサイトは最適な状態で制御します。

状況に応じて操作方法に注意

注意事項かなりあります。

メーカーホームページで確認して頂いたらOKですが、個人的に注意して欲しいことを抜粋すると、

注意

一般道路でも使えなくもないが、障害物や横行する車が多いので使いにくいし、高速道路で使用する前提で開発されている。

大雨、大雪の日は使わない。多分、アイサイトキャンセルになると思います。

急なカーブでは、OFFにする。

急な割り込みをされた時は、OFFにする。

※一時解除する時は、

※一時解除する時は、

ブレーキを踏む

クルーズスイッチを押して全車速追従機能付クルーズコントロールを解除する

方向指示器レバーを操作する

まとめ

いかがでしょうか?

一見ややこしいように見えて簡単です。

使いこなせれば相当楽な高速走行を楽しめます。

こんな人にオススメ

①長距離ドライブが多い人。

②車の運転で疲れてせっかくの旅行先でクタクタになってしまう。

運転のせいで疲れてしまうと旅行が台無しです。

アイサイトツーリングアシストで楽なカーライフをお過ごし下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

しー
自動車整備士歴10年目|国家2級整備士|自動車検査員|愛車:SUBARU FORESTER(SK9)|スバリスト歴12年目|2020年6月ブログ&ツイッター&インスタ開設|ライティングスキルを磨くために日々奮闘中|車初心者や若手メカニックに聞かれる悩みなどにお答えします|スバル向けコンテンツに詳しい